500人バカにする人がいたら、500人応援する人がいる。元プロレスラー・天龍源一郎の言葉

スポンサーリンク

(1)

500人バカにする人がいたら、

500人応援する人がいる。

(2)

あきらめずに継続していくことが大事。

「これでもか!」というぐらいコテコテでいい。

(3)

新しいことをやろうと努力すること、

それがチャレンジ精神になる。

(4)

人に「大変でしょう?」って聞かれて、

「大変です」って堂々と答えられるような

ファイトをやっていきたいね。

(5)

俺は、若い人を食わせていく為なら

ナンボでも頭を下げるよ。

(6)

俺は金じゃ動かない。

(7)

人間、一度腐ると立ち直るのは容易ではない。

だが、立ち上がらなければ、

そこで終わってしまう。

立ち上がるきっかけというのは必ずあるものだ。

それを見落としてしまってはいけない。

(8)

一日でも長く生き延びよう、

なんて考えている奴らに、

人の心を打つプロレスなんてできるはずがないのだ。

(9)

男だったら正面から向かって来い!

スポンサーリンク

(10)

もし、お客が入っていなかったとする。

でも、そこで一生懸命の試合をやって、

それを見て”面白かった”と思ってくれて、

何年か後にその土地に行ったときに、

そのときのファンが友達を一人連れてきてくれれば、

お客は二倍になるわけよ。

気の遠くなるような草の根活動だけどさ、

それが大事だと思うよ。

(11)

「いつか、いい試合を」

そんな言葉を耳にするとヘドが出る。

「いまを生きろよ!」と言いたい。

(12)

レスラーなんて威張ってても引退したら、

世間にとってはただデカイだけの人間だよ。

(13)

読んだ本、聴いた曲のタイトルはすぐ忘れるけど、

自分がやってきた試合のことは

しっかり覚えているし、よみがえってきます。

(14)

誰かが作ったものじゃなく、

やってる人間の人生がそのまま出てるんだから、

プロレスってホントすごいスポーツだよ。

(15)

今でもよく言うんですけど、

猪木さんに勝った時点で

『もう腹いっぱいだ』ってリングからスッと引いてたら、

格好よかっただろうなって振り返ったりもします(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存