寒い思いもしょっぱい思いもしてきた。有名になるとそれを隠す人もいるけど、オレは誇りに思っている。演歌歌手・北島三郎の言葉

スポンサーリンク

(1)

寒い思いもしょっぱい思いもしてきた。

有名になるとそれを隠す人もいるけど、

オレは誇りに思っている。

だから堂々と話す。

ただし苦労は「売りもの」じゃない。

体験談として話すんだ。

(2)

井戸も最初は泥水、

掘り続けりゃ清水が湧いてくる。

(3)

時代や形が違っても通じる絆もあるんだよ。

厳しい世の中だけど、

いろんな人との出会い、

縁があるから人生は楽しいよね。

(4)

上ばかり見ていてはダメで、

支えているのは大地に張った根っこ。

(5)

ちょっと弱気になるときがあるとしても、

「俺はこの道を歩むために生まれてきたんだろ?」と

心に問いかければ、

自然に足は明日に向いてしまうんです。

(6)

私の前に道はありません。

その道なき道を、

私は一歩、一歩あゆむことによって、

歌の道にまい進しようと決意しています。

(7)

昔と違い遠かった世界が近くなった。

距離も時間も。

地球の裏のことがすぐわかるし、音楽も同じ。

そして世界の音楽を日本人はうまく取り込んだね。

ただ、変に変わっちゃったのは、

若い人が希望を持っても

すぐ崩されちゃう世の中になったこと。

そういう意味で、大きく現実が変わった。

(8)

今の若い子たちは、

いいもの持ってますよ。

学ぶべきところがいっぱいある。

(9)

時代や音楽が変わっても、

俺の道はひとすじ。

スポンサーリンク

(10)

心配しなくても大丈夫。

心がこもっていればちゃんと伝わるから。

(11)

人間、正しいことは誰でもいう。

正しいことをいうやつよりも

間違ったことを素直に認めて

謝れるやつの方が勇気があると思う。

(12)

お師匠さんにデビュー曲をいただいたときから始まる

「演歌ひとすじ」の太い道。

ひとすじと意地、見栄みたいに言っているけれど、

50年も経つと本当は疲れたと感じるときもあるのよ(笑)

(13)

尊敬している人は、

この世界の諸先輩全部。

ライバルなんて失礼で言えない。

(14)

焦らないと遅れるし、焦れば疲れる。

でも老ける必要はない。

ライバルと勝負もしなきゃならない。

いくつになっても人は旅人なんだよ。

何かを探して歩き続ける。

戻ることはできない。

いつか立ち止まる日は来るけれど、

それまで頑張って歩かなきゃならないんだよ。

(15)

歌い続けて死ぬだけです。

残っている時間は、

いろんな地方にも行って

感謝と恩返しの舞台を続けていきたい。

まだまだ頑張って歩いていたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存