自分は何に幸せを感じるのか、自分の幸せを知ることが肝心です。松原泰道の言葉

スポンサーリンク

(1)

「無駄をしない」は、

浪費をしないという消極的な意味だけでなく、

積極的に時間も物も活かして使うこと。

(2)

「無理をしない」は、

危険なことや差し出がましいことをしないという意味ではなく、

「道理」にはずれたことをしないということ。

(3)

「無精をしない」は、

面倒くさがらずにやることではなく、

精を出すこと、齢をとっても何かを学ぼうとすること、

自分のことはできるだけ自分ですることだ。

(4)

多くの縁に支えられて生きている、

生かされている「いのち」だからこそ、

日々の暮らしで

「人に知られないように、人として作すべきことをなす」という

“陰徳”を積むことが何よりも健康につながる。

(5)

いまの幸せは、

いろいろな方や先達からいただいた、

というより預かっている預かり物。

だから、いまは自分のもとに保留しておいて、

しかしやがてそれはまた他の人にお預けしていく、

そのためにいまの福を使い減らさないように。

(6)

心に灯をともせること、これはまた幸福である。

どんなときでも心に灯をともすことが大事。

(7)

うまくいく縁に恵まれることを“順縁”という一方で、

物事が裏目裏目に進んでしまうのもまた縁、“逆縁”という。

この、逆境のときにこそ

マイナスをプラスに変えていく努力をできるチャンス。

(8)

一人で考えることと、

考えた中身を相手に伝えるということは違います。

どんなに素晴らしいことを考えていても、

誰かに伝えない限り、それは幻想にすぎません。

(9)

習うより慣れよ、

慣れたらもう一度学べ。

スポンサーリンク

(10)

花が咲いている。

精いっぱい咲いている。

わたしたちも精いっぱい生きよう。

(11)

過去はもう過ぎてしまいました。

明日以降のことはどうなるか誰にもわかりません。

だからこそ、何よりも今日“ただいま”を大事にし、

今日一日を自分の一生と思って、充実させて生きていく。

(12)

自分を変えるためには、

まず考え方を変えることから、だと思います。

考え方を変えれば、感じ方が変わり、

自分の望みも変わり、行動も変わってくるでしょう。

行動や習慣が変われば、

人生も変わってくるのではないでしょうか。

(13)

幸せになるためには、

「自分を知る」ことが大事でしょう。

自分は何に幸せを感じるのか、

自分の幸せを知ることが肝心です。

それがわからなければ、

どうすれば幸せになれるかもわからないのではないでしょうか。

(14)

自分の仕事にいつも創意工夫を怠らないことです。

すると進歩のない安易な、惰性から脱出できて

つねに新鮮な人生が送れるでしょう。

(15)

苦しい日は

苦しみの意味を見つけよう

楽しい日は

楽しみの由来を学ぼう

苦を避けず楽しみだけを追わないなら

毎日が好日だ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存