時には自慢ぐらいしなくては生きていかれない(笑)と、自分でほめたりしてるんです。人間国宝・坂東玉三郎の言葉

スポンサーリンク

(1)

遠くを見ない。

明日だけを見る。

(2)

遠くを見すぎると、

足下がおろそかになるのかもしれません。

明日に向かって前進することが大事なのでしょう。

(3)

公には言いませんけど、

個人的に、友達とするんですね、

「自慢させてね」と前置きして言って、

合槌を打ってもらうんです。

実際、自分で良いと錯覚するくらい、

うまい合槌を打ってくれる人がいい(笑)

「ふんふん」じゃなくて、

「ほんとにねえ」と言って欲しい(笑)

(4)

時には

自慢ぐらいしなくては生きていかれない(笑)と、

自分でほめたりしてるんです。

(5)

昨日言ったことが本当か、

今日言ったことが本当か、じゃなくて、

どちらも本当なんです。

(6)

本当の核心は無意識の中にあるというか、

言葉にするとゆがみが出ると思います。

(7)

世の中の大勢と

脚並みを揃えられない場合には、

世の中じゃないものになるしかないじゃないですか。

自分が違うものになって自由なところに脚をおろす。

(8)

美の基本はやはり丁寧でなければなりません。

私は、力技で他人と対さないということが、

日本人ならではのやわらかさだと思います。

他人への気遣いであり、優しさであり、

また所作が丁寧であることも

やわらかさに繋がるのだと思います。

(9)

ふだん何していますかと聞かれるでしょう。

芝居を観たりします、というと、

勉強家ですねといわれるけど、そうじゃないのね。

楽しいの。観てるときって。

やってるときよりいいときがあるし(笑)

スポンサーリンク

(10)

進歩するには背伸びも必要でしょうね。

ちょっとずつ背伸びして、

その時の自分よりも装って発言したり行動する。

そして次にその背延びが嘘でないように努力するわけです。

(11)

型破りな演技は、型を知らずにはできない

型を知らずにやるのは、型なしというのだ。

(12)

会うことも会話もできない中で伝わるものが、

魂なのではないか。

(13)

ぴかぴかしていれば

お金がかかっていると思われがちですが、

さりげなく

普段着のようにすることのほうがすごいんです。

(14)

最大の成功は、

公演が終わって大きな幕が降りた瞬間、

場内の観客の顔に満足の表情が見える時です。

(15)

伝統芸能であろうとも近代のものであろうとも、

お客さまが〝生きていて良かった〟という

時間を過ごしてもらうという事が意味だと思います。

そういうものを舞台でお見せする事が

私達の使命だと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存