オレは天から選ばれた人間でもあるし、本当は何もない男でもある。両方わかってないといけない。矢沢永吉の言葉

スポンサーリンク

(1)

サラリーマンをバカにしてたら痛い目にあうぞ。

日本のオヤジが、パワーを出すときが来たんだ。

熟練のツッパリ、

おじさんのツッパリを見せてやれ。

(2)

オレは天から選ばれた人間でもあるし、

本当は何もない男でもある。

両方わかってないといけない。

自分が臆病というのもわかっている。

(3)

簡単なんだ、ルールってものは。

小学生の頃に憶えたことだけだ。

借りたら返す。

それを、守るってだけのことだ。

(4)

いま、キツイと思ってるやつ。

誰も助けてくれないよ。

おまえが、そのまま自分の

はぐれる気持ちを継続さすと、

ますます、まわりは

「待ってました」とやってくる。

おまえらは、反撃したくないか。

(5)

攻撃することが生きることだ。

負い目をつくらず、スジを通して、

自分なりのやり方でオトシマエをつけてきた。

休むわけにはいかない。

やらねばならぬきとはまだある。

(6)

10の力を持ってたら、

9までは塾だ受験だちょうちんだでいいよ。

でも、1ぐらいは、残りの1ぐらいは、

一攫千金じゃないけど

「やってやる!」って感覚を持ちたいね。

(7)

国が悪いんじゃない、

周りが悪いんじゃない、

全ては身から出た錆だ。

(8)

自分のプライドも自分の財産でしょ。

そうでしょ?

(9)

辛い時は自分一人じゃないと思え。

ガス抜きも必要だ。

スポンサーリンク

(10)

「言い過ぎじゃない」っていうのはね、

本当に言い過ぎじゃないって言ってるんじゃない。

それは「本当のこと言わないで」ってことなんだ。

(11)

もうね、暗示かけちゃうの自分に。

「オレは才能あるんだ」

「素晴らしいんだ」と

思わない限りやってられないもんね。

(12)

10年間ではっきり差がつきますよ。

やった奴とやらない奴の。

何人の人が幸せになるんでしょうね。

たくさんなればいいね。

(13)

日本人って少ないね。

素晴らしいですねって言うと、

「いや僕は、そんなことないです」

そんなことない、と思ったら唄うなってボク言うの。

(14)

死んだらオシマイだ。

でも、生きているかぎりは役柄がある。

その役柄をちゃんと演じ続ける。

それが生きるってことだ。

(15)

一番いいころよ、二十歳(ハタッチ)って。

二十歳のころは何でもできるような気がする。

自分だけは歳をとらないような気がする。

自分だけは怪我しないような気がする。

自分だけは長生きするような気がする。

一番おもしろい時期。

だから魅力がある時だね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存