何かを学び取りたいと念じるなら、身銭を投じて、自らの手口を注視し、失敗から教訓をえることだ。投資家ジェシー・リバモアの言葉

スポンサーリンク

(1)

無知を警戒せよ。

学習、研究をしっかりおこなうこと。

遊び半分ではなく、

本腰を入れて取り組まなければならない。

(2)

やり方をコロコロ変えてはいけない。

自分の性格に合った無理のない手法を考案し、

そのルールにしたがうこと。

(3)

気持ちの浮き沈みに振り回されない。

多大な儲けに酔い、

自分に自信をもち過ぎるのも問題であるが、

損失をこうむり、

意気消沈し過ぎるのも感心しない。

(4)

株式投資・投機に新しいものは何もない。

ここで過去に起こったことは、

これからもいく度となく繰り返されるだろう。

この繰り返しも、

人間の本性が変わらないからだ。

(5)

市場で自らを鍛え、

何かを学び取りたいと念じるなら、

身銭を投じて、

自らの手口を注視し、

失敗から教訓をえることだ。

(6)

賢明な相場師は、

忍耐の意味を知り、

つねに予備の現金を用意している。

(7)

相場の動きを漫然と

「期待して待つ」のは博打であり、

忍耐強く待ち、シグナルを見いだした瞬間

「反応する」のが投資・投機である。

(8)

相場に勝つ必要はない、

勝つべき相手は自分自身である。

(9)

株価が変動する姿にのみ意識を集中させよ。

変動の理由に気をとられるな。

スポンサーリンク

(10)

怠惰な人、

感情をコントロールできない人、

それに手っ取り早く

儲けようなどと思っている人は、

絶対に利益を上げることはできない。

(11)

すべきではないことを学ぶには、

持てるもの一切合切を失うというのが一番だ。

(12)

プロのビリヤードプレーヤーと同じで、

目先の1ショットではなく、

はるか全体を見渡してプレーするのだ。

(13)

誤った時にすべきことはただ1つ、

改めることだ。

(14)

私が常に手痛い目にあうのは、

自分の判断が正しいと

自信を持ってゲームに臨める時にしか

相場に入らない

という方針を守ることができない時だった。

(15)

投機家にとって最大の敵は

無知、欲、そして恐怖と希望の感情である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存