死についての言葉

スポンサーリンク

(1)

自分もいつかは死ぬ。

それを思い出すことは、

失うものなど何もないということを

気づかせてくれる最善の方法です。

―― スティーブ・ジョブズ

(2)

たくさん経験をして

たくさん苦しんだほうが、

死ぬときに、ああよく生きたと思えるでしょう。

逃げていたんじゃあ、

貧相な人生しか送れませんわね。

―― 瀬戸内寂聴

(3)

たとえ恋人が死んでも、

七回忌を迎える頃には笑っているはず。

忘れなければ生きていけない。

―― 瀬戸内寂聴

(4)

どんなに好きでも最後は別れるんです。

どちらかが先に死にます。

人に逢うということは

必ず別れるということです。

別れるために逢うんです。

だから逢った人が大切なのです。

―― 瀬戸内寂聴

(5)

充実した一日が

幸せな眠りをもたらすように、

充実した一生は幸福な死をもたらす。

―― レオナルド・ダ・ヴィンチ

(6)

この地上にあるものすべてがゲームだ。

一時的なものさ。

だれもが死ぬことになる。

最後はみんな同じだろう?

―― ペレ

(7)

君、弱い事を言ってはいけない。

僕も弱い男だが、

弱いなりに死ぬまでやるのである。

―― 夏目漱石

(8)

子供は苦労を和らげる。

しかし不幸を一段とつらいものにする。

子供は人生の煩いを増す。

しかし、死の思いを和らげる。

―― フランシス・ベーコン

(9)

今をどのように生きて行くか、

何をしたいか、

生きることに本当に真剣になれば、

死ぬことなんて怖くなくなるもんです。

―― 瀬戸内寂聴

スポンサーリンク

(10)

別れの辛さに

馴れることは決してありません。

幾度繰り返しても、

別れは辛く苦しいものです。

それでも、私たちは死ぬまで

人を愛さずにはいられません。

それが人間なのです。

―― 瀬戸内寂聴

(11)

人は、生まれ、

ほんの一瞬生き、

そして死ぬんだ。

ずっとそうだ。

―― スティーブ・ジョブズ

(12)

人の言うことなんて気にしちゃだめだよ。

「こうすれば、ああ言われるだろう・・・」

こんなくだらない感情のせいで、

どれだけの人が

やりたいこともできずに死んでいくのだろう。

―― ジョン・レノン

(13)

実際にどう生きたかということは

大した問題ではないのです。

大切なのは、

どんな人生を夢見たかということだけ。

なぜって、

夢はその人が死んだ後も

生き続けるのですから。

―― ココ・シャネル

(14)

一度だけの人生だ。

だから今この時だけを考えろ。

過去は及ばず、未来は知れず。

死んでからのことは宗教にまかせろ。

―― 中村天風

(15)

死は人生の終末ではない。

生涯の完成である。

―― マルティン・ルター

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存