口で女性に女らしさを求める前に、女らしさを触発する魅力的男となれ。極真会館館長・大山倍達が残した言葉

スポンサーリンク

(1)

頭は低く目は高く、

口を慎しみ心は広く、

孝を原点とし他を益する。

(2)

自分の中に財産を築きなさい。

自分の外に築いた財産は人に盗られるが、

中に築いた財産を人は

絶対に奪うことが出来ない。

(3)

さらっとした喧嘩の出来る相手こそ

いざという時、

頼りになる親友だよ。

(4)

大人よ、

孤独そうな子には肩を叩き、

元気な子には笑顔で声を掛けてやれ。

(5)

心は静かに培い、

体は激しく鍛え、

技は基本に忠実にかつ頭を使え。

(6)

不言実行、

有言有責任、

自負自尊

この三原則に反する男は男じゃない。

(7)

口で女性に女らしさを求める前に

女らしさを触発する魅力的男となれ。

(8)

特技を磨くとは自分を磨くことだ。

自分を磨くとは自信をを磨くことだ。

(9)

相手の気持ちを察して発言する、

それが本当の意味での敬語だ。

スポンサーリンク

(10)

金持ちより貧しい者の味方、

強い人間より弱い人間の味方、

多数より少数の味方になるのが私の信念です。

(11)

心にゆとりを持って人に対すれば、

笑顔一つで味方がつき、敵を呑む。

(12)

自分が見えない顔を、

人に見られる、それが人生だ。

(13)

道端で靴を踏んだ、

肩が触れたら、君たちが頭を下げればいいよ。

頭を下げてケンカを売ってくる人はいないよ。

もしケンカを売ってきたらのばしてしまえ。

何のために空手をやっているんだ。

(14)

口下手は聞き上手になれば良い。

不器用な努力家になることだよ。

(15)

正義なき力は暴力に過ぎず、

力なき正義は机上の空論なり。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存