何歳であろうと、やる気と信念があるならば大丈夫。それがすべてにおいて最も大きな要素です。カーネル・サンダースの残した言葉

スポンサーリンク

(1)

私がやったことなど、

誰にもできる事だ。

ポイントはただ一つ。

心から『やろう』と思ったかどうかである。

心が思わないことは、絶対に実現できない。

(2)

私にはたった二つのルールしかなかった。

できることはすべてやれ。

やるなら最善を尽くせ。

これが何かを達成する感覚をつかむ

唯一の道だ。

(3)

最後に息を引き取るまで、

夕暮れは暗闇にはなりません。

(4)

何歳であろうと、

根性があって、

やる気と信念があるならば大丈夫。

それがすべてにおいて最も大きな要素です。

(5)

人は、自分が

“やれる” と思うか

“やりたい” と思う分だけ

前進できる。

(6)

諦めて失速しない限り、

じつはまったく新しい人生を

そこから築くことが可能なのです。

(7)

自分が老いたと感じた分だけ、

思い込んだ分だけ歳を取るのです。

あなた自身が

“歳を取った” と思わない限り、

いくつになっても

やれる仕事はたくさんあるのです。

(8)

自分自身に正直であれば、

自分が良い仕事をしているか、

そうでないかわかるはずです。

(9)

失敗や無駄だと思われたことなどを含めて、

今までの人生で学んできたことを、

決して低く評価する必要はない。

スポンサーリンク

(10)

最も奉仕する者が最大の利益を得る。

我が身の前に他人に奉仕せよ。

(11)

どんな失敗も、

光明への踏み石となりうることを

忘れてはならない。

(12)

なあ、きみ。

4セントを誤魔化そうとする男が、

ビジネスで成功すると思うかい?

思わんだろ。

(13)

店を清潔にしなさい。

スタッフには礼儀正しくさせなさい。

美味しい料理を出しなさい。

あとは懸命に働きなさい。

これで成功できるとは限らないが、

成功への第一歩にはなるだろう。

(14)

じっとしていて錆びつくより、

身を粉にしている方が好きなんだ。

(15)

人生は自分でつくるもの。

遅いということはない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存