一歩一歩、地道に積み重ねていく。思いを成就させるのは、そういう非凡なる凡人なのです。京セラ創業者・稲盛和夫の言葉

スポンサーリンク

(1)

日々の地道な努力が生む小さな成果は、

さらなる努力と成果を呼び、

その連鎖はいつの間にか

信じられないような高みにまで、

自らを運んでくれるのです。

(2)

強い熱意と情熱に支えられた努力を続ければ、

今日不可能なことも明日は実現できる。

(3)

一歩一歩、一日一日を懸命、

真剣、地道に積み重ねていく。

夢を現実に変え、

思いを成就させるのは、

そういう非凡なる凡人なのです。

(4)

あらゆる事象は心の反映である。

したがって純粋な心で

ひたすら念じ続ければ、

たいがいのことは成就する。

(5)

目的に向かって進んでいく人、

挫折を重ねていく人、

そして、

だらだらと一生を終えてしまう人の

一番大きな差は、願望の強さなのです。

(6)

自己愛に終始した場合に悪をなし、

他者を思うという

愛に目覚めたときに善となる。

善悪の分かれ目とは、

自己を愛する「愛」と

他を愛する「愛」のあいだにあるのです。

(7)

どんなことでもいいから

とことん突き詰めて究めることが大切だ。

ひとつのことに精魂を打ち込み、

どんなことでもいいから

確信となる何かを得ることだ。

(8)

自己犠牲を払ってでも

成し遂げようという心構えができていれば、

結局は克服できない問題などないのです。

(9)

今、

この瞬間が未来につながり、

未来の結果を左右する。

スポンサーリンク

(10)

瞬間、瞬間を完全燃焼すること。

その点の連続が未来につながる。

(11)

自分の環境、境遇を前向きにとらえ、

いかなるときでも、

努力を重ね、

懸命に働き続けることが大切なのです。

(12)

すべて人生は心に描いた通りになる。

どのような厳しい状況に置かれようと、

否定的なことを心に浮かべるべきではない。

(13)

私たちは決して苦痛や悩みから

解放されることはありません。

しかし最悪の場合さえも明るさを失わず、

明日に希望をも持つように

努力することは出来るのです。

(14)

世の中に失敗というものはない。

チャレンジしているうちは失敗はない。

あきらめた時が失敗である。

(15)

神が手を差し伸べたくなるぐらいにまでがんばれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存