勝ったときには謙虚さを、負けたときには潔さを身につければ良い。元男子プロテニス選手マイケル・チャンの言葉

スポンサーリンク

(1)

(錦織)圭は世界最高の選手の一人。

最も才能のある選手だ。

(2)

大切なのは

自分を信じることです。

(3)

退屈な反復練習をさせたことについて、

プレッシャーがかかる場面でも

迷いや疑いなく

ショットを打てるようにするためだ、

自分への疑いがなくなれば

それが自信になる。

(4)

勝ったときには謙虚さを、

負けたときには潔さを身につければ良い。

(5)

成長したら

また困難が立ちはだかる。

(6)

頂点に立った戦いは

肉体の戦いではない、

精神の戦いだ。

(7)

学んだことを

すべて試せ。

(8)

過去の実績なんて

試合では関係ない。

(9)

圭にも言ってるんだ。

これだけやってるんだから

出来ると信じることだ。

このままでいいのなら、

努力しなくてもいいぞってね。

スポンサーリンク

(10)

出るか出ないかじゃねーよ、

出るんだよ、

お前今、調子無茶苦茶良いぞ?

勝手に自分で調子悪いと決めつけるな!

(11)

長所や短所は誰にでもある。

だからこそ

自分の長所を活かした戦い方をすればいい。

(12)

万全でなくとも

試合には出ろ。

(13)

試合で楽をしたければ

練習の鬼になれ。

(14)

「優勝するのはおまえじゃない!俺だ!」と

言い切る気持ちが必要なのです。

(15)

こんな練習量で世界一とか舐めてんのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存