自分を信じ続けるといい。世の中いろいろあるけれど、俺だって何とかなったぜ。サッカー界の異端児ズラタン・イブラヒモビッチの言葉

スポンサーリンク

(1)

「我が道を進め」と俺は言いたい。

それがどんな道であってもだ。

(2)

規律が大事だ

ということは俺もわかっている。

だが、

規律ばかりを

押し付けるやり方は気に入らない。

「こうすべきだ」と

自分の主義ばかりを押し付け、

別の道を封じてしまうやり方は間違っている。

それではあまりに心が狭すぎる。

(3)

人間ってのはもともとみんな違う。

無理に普通にならなくてもいいはずだ。

(4)

俺は子どものころから、

怒りを活力に変えてきた。

俺のキャリアは復讐心で築いてきたんだ。

(5)

他人の言うことは気にしない。

ただ前進するのみ。

(6)

アドバイスに耳を傾けるが、

すべて言いなりにはならない。

聞くが、聞かない。

これが俺の哲学だ。

(7)

デカいことも言うが、

きちんと結果も出す。

それが俺の信条さ。

(8)

他の人と違っていいんだ。

自分を信じ続けるといい。

世の中いろいろあるけれど、

俺だって何とかなったぜ。

(9)

俺はすべてを乗り越える。

自分の歩みには何の問題もない。

目標に到達するため、

何もかもぶち壊していくさ。

スポンサーリンク

(10)

一つはっきりしているのは、

やめるときを決めるのは俺自身で、

それ以外はありえないということだ。

諦めるという選択肢はない。

(11)

失敗は成功の第1歩だ。

2歩目はポニーテールをのばすことさ。

(12)

プレッシャーがアドレナリンを生む。

アドレナリンがパフォーマンスにつながる。

(13)

ジダンと一緒にプレーすると、

周りの平凡な選手たちまでもが発想豊かになっていた。

それこそがジダンの素晴らしさだ。

彼はチーム全体に影響を与えることができる。

これが本当にいい選手と、

そうでない選手の差だ。

大事なのは得点だけじゃない。

(14)

激しいマークには同じくらい

激しくやり返さないといけない。

甘くやり過ごすとこちらがケガしてしまう。

(15)

俺は誰にも似ていない。

ズラタンはオンリー・ワンだ。

PARIS, FRANCE – NOVEMBER 25: PSG striker Zlatan Ibrahimovic reacts after he scored during the UEFA Champions League between PSG vs Ajax at the Parc des Princes Stadium in Paris, France on November 25, 2014. (Photo by Etienne Laurent/Anadolu Agency/Getty Images)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存