今この瞬間から出会う人を大切にしていったらいいの。斉藤一人の言葉

スポンサーリンク

(1)

人間は恥をかきながら向上するものです。

知らないことは人に聞く。

人に素直に聞くことのできる人は、

早く成長できます。

(2)

簡単なんですよ。

何でも楽しいと思って

生きていけたら、

魂は向上していくんです。

(3)

幸せや豊かさ、成功は、

苦しみからは生まれないというのが、

成功のための基本です。

では、努力はいらないのか、

というと、そうではありません。

楽しみながら努力しているだけです。

(4)

ふだんのちょっとしたことなんだよな。

人に好かれるとか、

嫌われるって、

ちょっとしたことなんだよ。

そんなもんだよ、人間って。

(5)

人間って、

「愛する人」のためなら

がんばれるんです。

「ハングリー精神が強い」とか

「うらみの心は強い」とか

「ねたみの心は強い」とか、

いろいろ言いますけど、

そんなのはウソです。

世の中で

一番強いのは「愛の力」です。

この力さえあれば、

どんなときでもがんばれるんです。

(6)

挑戦するのが怖かったら、

挑戦なんかしなくてもいいんじゃないかな。

今日一日、

人に親切にするぞとか、

奉仕のつもりで働くぞっていうつもりでいれば、

すべて解決しちゃうから。

自然と挑戦してることになっちゃうんじゃないかな。

(7)

病気になる人の特徴は

愚にもつかねえことに

くよくよ、くよくよするの。

それか、愚にもつかねえことに

怒り出すの。

それ、やめなって。

(8)

この世は、

思ったことが現実になるの。

だから、

自分の都合の悪いこと、

思っちゃいけないよ。

(9)

人は楽しいことを考えると

ワクワクして、

知恵が出るんだよ。

スポンサーリンク

(10)

何でもいいから、

常に楽しいことを考えてればいいんだよ。

バカバカしいことでもいいから考えて、

常に心を楽しくしておくんだよ。

(11)

自分のファンは

一人いればいいんだよ。

好いてくれる人が一人いれば、

それでいいんだ。

だから、嫌われるのを怖がって、

自分の気持ちを隠さなくてもいいんだよ。

(12)

今この瞬間から

出会う人を大切にしていったらいいの。

そしてな、

目の前の人が喜んでくれたら、

また一人、また一人ってやって行くの。

そうしたら人を喜ばせる

筋力みたいなのがついてきて、

さらに喜ばせる人の数が増えていくんだよ。

(13)

人にやられたことで

自分が嫌な思いをしたことは、

他人にしなきゃいいんだよね。

それでだいたいね、成功者になれるんだよ。

(14)

基礎だよ。

基礎がいちばん大事。

芸の基本というのは、

決まったことを何回もやる。

基本をずーっとやり続けることなんだ。

(15)

人に競い勝つために

努力している姿ってなんだか寂しいよね。

そんな人は始めたとしても

自分より優秀な人と会うと落ち込むよね。

結果的にやらないか、

はじめても自分の欠点を見つけたりするんだよ。

すると、

あれもダメだ、これもダメだって

いいながら人生が終わっちゃうんだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存