自分も周りもドキドキ、ワクワクするような冒険に挑んでいきたい。それが、僕の終わらない夢です。登山家・三浦雄一郎の言葉

スポンサーリンク

(1)

目標がはっきりしないと、

ただの怠け者になってしまう。

(2)

どうせ死ぬなら

エベレストに行ってから死のうかと、

病気のお陰で目標が出来ちゃった。

(3)

体が太った原因は

運動不足と食べ過ぎ、飲み過ぎでしたが、

実は目標や夢を見失ってしまったことで、

心までメタボになっていたんですね。

(4)

執念や勇気みたいなものを

持てるか持てないかが、

人の実行力に差をつけるのではないでしょうか。

(5)

後から来た人たちに追い抜かれても、

全く気にしない。

標準タイムがあるのですが、

それも僕には関係ない。

ところが不思議なもので、

頂上に近づくと追い抜いて行った人たちに追いつき、

山頂には僕らが先に着くことも少なくありません。

(6)

全部人間のやっていることなんていうのはね、

“先人の肩”といいますか、

ここに乗っかって、次はこっちに乗っかって…

という繋がりだと思いますねぇ。

全くゼロからの創造なんていうのはね、

人類が初めて

この世に一歩を踏み出した時ぐらいじゃないですかね(笑)

(7)

もし体が丈夫で100mを素晴らしいタイムで走れたら、

違ったことをやっていたかもしれない。

でも身体的に恵まれていなかったからこそ、

誰もやっていない細かな隙間を見つけて

突き詰めることができたんです。

(8)

恐怖心があるからこそ、

しっかりと準備もするし、用心もする。

そう考えれば、

恐怖心は決してネガティブなものではありません。

(9)

65歳のおじいちゃんが

エベレストというと気が遠くなりますが、

ちゃんと計画を立てれば出来るものなんです。

まずは、富士山、次はヒマラヤ。

5000m級、6000m級、7000m級と

やっていけばいいんです。

スポンサーリンク

(10)

自分も周りも

ドキドキ、ワクワクするような

冒険に挑んでいきたい。

それが、僕の終わらない夢です。

(11)

愚かと言われるくらい

人の理解を超えた

新しい分野に挑戦することが必要です。

それを成し遂げてはじめて、

新しい時代、

あるいは自分自身がひらけるのですから。

(12)

仕事でも日々の生活の中でも、

冒険することはできる。

そう考えると、

今見えている光景が

きっともっと輝いて見えてくるはずです。

(13)

できない理由より、

できる理由を考える。

(14)

夢を見て、

あきらめなければ実現できる。

(15)

人生、

このままたそがれちゃいけない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存