「出来ないこと」ではなく、「出来ること」に集中しなさい。ピーター・ドラッカーが残した言葉

スポンサーリンク

(1)

コミュニケーションで最も大切なことは、

相手の言わない本音の部分を聞くことである。

(2)

優れている者ほど、

数えきれない間違いを犯すものであり、

これは常に新しいことに

挑戦している証拠である。

(3)

「出来ないこと」ではなく、

「出来ること」に集中しなさい。

(4)

すべての偉大な成功は、

地味で面倒な事の

積み重ねの上に成り立っている。

(5)

人間は自らが望む

未来の大きさに合わせて、成長する。

(6)

重要なことは

明日何をするかではなく、

今日、何をしたかである。

(7)

これまでの実績など捨てなさい。

自分の強みを過信した者は

生き残れません。

(8)

一番重要なのは、

今ある人材と資産で

何ができるかを考えることである。

(9)

不得手なことの改善に

あまり時間を使ってはならない。

自らの強みに集中すべきである。

スポンサーリンク

(10)

寝床につくときに、

翌朝起きることを

楽しみにしている人間は、

幸福である。

(11)

成功への道は

自らの手で未来をつくる

ことによってのみ開ける。

(12)

何をしたらよいかではなく、

自分を使って何をしたいかである。

(13)

高潔な品性をもってこそ、

指導力を発揮し、

多くの人の模範となりうる。

(14)

どんな人でも努力すれば、

“それなりの能力”は身につけることが出来る。

そして、この世で成功するためには、

“それなりの能力”があれば十分なのである。

(15)

真摯さはごまかせない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存