悩みはあって当たり前。それは生きている証であり、常に反省している証拠でもある。松下幸之助が残した言葉

スポンサーリンク

(1)

青春とは心の若さである。

信念と希望にあふれ、勇気にみちて、

日に新たな活動を続けるかぎり、

青春は永遠にその人のものである。

(2)

誠意や真心から出た言葉や行動は、

それ自体が尊く、

相手の心を打つものです。

(3)

苦難が来ればそれもよし、

順調ならばさらによし、

という心づもりを常に持ち

人一倍の働きを

積み重ねてゆくことが大切だと思う。

(4)

山は西からも東からでも登れる。

自分が方向を変えれば、

新しい道はいくらでも開ける。

(5)

自らも楽しみ人々にも喜びを与える。

大切な人生をこうした心構えで送りたい。

(6)

大事なことは、

何と言っても人柄やな。

結局これに尽きるといっても、構わんほどや。

まず、温かい心というか、

思いやりの心を持っておるかどうかということやね。

(7)

競争も必要、

対立することもあっていい。

だが敵をも愛する豊かな心を持ちたい。

(8)

私は、

失敗するかもしれないけれども、

やってみようというような事は決してしません。

絶対に成功するのだということを、

確信してやるのです。

何が何でもやるのだ、

という意気込みでやるのです。

(9)

悩みはあって当たり前。

それは生きている証であり、

常に反省している証拠でもある。

スポンサーリンク

(10)

小利口に儲けることを考えたらあきません。

世の中にぼろいことはないから、

結局流した汗水の量に比例して、

成功するわけですわ。

(11)

素直な心で見るということが極めて大事だ。

そうすれば、

事をやっていいか悪いかの判断というものは、

おのずとついてくる。

(12)

恵まれた生活も結構だし、

恵まれない暮らしも結構、

何事も結構という

気持が大切だと思います。

(13)

学ぶ心さえあれば、

万物すべてこれ我が師である。

(14)

志を立てるのに、

老いも若きもない。

そして志あるところ、

老いも若きも道は必ず開けるのである。

(15)

失敗したところで

やめてしまうから失敗になる。

成功するところまで

続ければそれは成功になる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存