幸福を追い求めている限り、幸福になれない、たとえ最愛のものを手に入れたとしても。ヘルマン・ヘッセの言葉

スポンサーリンク

(1)

愛は憎しみより高く、

理解は怒りより高く、

平和は戦争より気高い。

(2)

あなたの苦しみを愛しなさい。

それに抵抗しないこと、

それから逃げないこと。

苦しいのは、

あなたが逃げているからです。

(3)

もしあなたが人を憎むなら、

あなたは、

あなた自身の一部でもある

彼の中の何かを憎んでいるのだ。

(4)

君の中には、

君に必要なすべてがある。

「太陽」もある。

「星」もある。

「月」もある。

君の求める光は、

君自身の内にあるのだ。

(5)

幸福を追い求めている限り、

君はいつまでたっても

幸福になれない、

たとえ

最愛のものを手に入れたとしても。

(6)

他の人たちは

目的、目標を持っている。

私は生きているだけで、もう満足だ。

(7)

救いの道は

右にも左にも通じていない。

それは自分自身の心に通じる道である。

そこにのみ神があり、

そこにのみ平和がある。

(8)

戦争ならアリでもする。

国家ならミツバチでも持っている。

財産ならネズミでも集める。

君の魂が求めるのは、別の道だ。

(9)

愛されることが

幸せだと誰もが思っている。

しかし、

実際のところ、

愛することこそが幸せなんだ。

スポンサーリンク

(10)

君がどんなに遠い夢を見ても、

君自身が可能性を信じる限り、

それは手の届くところにある。

(11)

詩は音楽にならなかった言葉であり、

音楽は言葉にならなかった詩である。

(12)

人生に対抗する最善の武器は、

勇気とわがままと忍耐です。

勇気は強くし、

わがままは冗談を言わせ、

忍耐は落ちつきを与えます。

(13)

全力で取り組みなさい。

嫌がってはいけません。

(14)

だれそれが自分を

あまりよく理解してくれないだの、

あまり正当に評価してくれないだの、

いつもそんな事ばかり考えていてはいけません!

あなたの方からまず

相手の人たちを理解し、喜ばせ、

正当に評価するように試みなくてはなりません!

(15)

運命は、

甘いものにせよ苦いものにせよ、

好ましい糧として役立てよう。

Undatierte Aufnahme des deutschen Schriftstellers Hermann Hesse bei der Lektüre in seinem Arbeitzimmer in Montagnola. Hesse wurde am 2. Juli 1877 in Calw/Württemberg geboren und verstarb am 9. August 1962 in Montagnola/Schweiz. 1946 wurde er mit dem Nobelpreis für Literatur ausgezeichnet.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存