貧乏ならいいのよ。貧乏は恥ずかしいことじゃない。でもね、貧乏臭いのはいやァね。永六輔が残した言葉

スポンサーリンク

(1)

人間、ヒマになると

悪口を言うようになります。

悪口を言わない程度の忙しさは大事です。

(2)

生きているということは、

誰かに借りをつくること。

生きてゆくということは、

その借りを返してゆくこと。

(3)

人間、今が一番若いんだよ。

明日より今日の方が若いんだから。

いつだって、

その人にとって今が一番若いんだよ。

(4)

叱ってくれる人がいなくなったら、

探してでも見つけなさい。

(5)

人間は愛しているか、

愛されているか、

どっちかでないと辛いね。

(6)

幸福を願うなら、

その幸福を小さくするのがコツだぞ。

(7)

人には、誰にでも、

その人の都合ってものがあるんだ。

その都合を考えてやることを

優しさっていうんだと思うよ。

(8)

喧嘩は売られたら買えばいいんで、

売られていないのに

買おうとしちゃいけません。

(9)

見守る。

この言葉は大切です。

見ているだけで

守れることってあるから。

スポンサーリンク

(10)

どうしようかなって迷うじゃない。

迷ったら、やったほうがいいよ。

やらない後悔より、

やった後悔のほうがいいもの。

(11)

いいかい、

仕事は金脈より、人脈だぞ。

人脈の中から金脈を探せ、

金脈の中から人脈を探すなよ。

(12)

社員教育に時間と金がかかるのは、

学校教育が役に立たないということです。

(13)

女は人間じゃありません。

人間は男が人間、

女は大自然だと思った方が理解出来ます。

そう思いませんか。

女は大自然です。

われわれ人間は、大自然には勝てません。

(14)

人様の前で

「人の世話にはならない」

という人がいますが、

自分で墓の穴を掘るんでしょうか。

(15)

貧乏ならいいのよ。

貧乏は恥ずかしいことじゃない。

でもね、貧乏臭いのはいやァね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存