心に残る『人生』についての言葉

スポンサーリンク

(1)

何度も何度も傷つけられたら、

相手を紙やすりだと思えばいい。

多少、擦り傷は受けれど、

自分はピカピカになり、

相手は使い物にならなくなる。

(2)

夢をバカにする人間から離れなさい。

器の小さい人間ほどケチをつけたがる。

(3)

人生はどんな人と

出会うかが重要である。

けれど、

どんな人と出会うかは自分次第だ。

(4)

幸福な人生を歩んでいる人は、

言葉の使い方を知っています。

言葉は選んで使いなさい。

言葉の選択一つで、

人生は明るくも暗くもなるのです。

(5)

墓場で一番の金持ちになることは

私には重要ではない。

夜眠るとき、

我々は素晴らしいことをしたと言えること、

それが重要だ。

(6)

自分のしたことに人が評価を下す、

それは自由ですけれども、

それによって、

自分が惑わされたくないのです。

(7)

涙とともに

パンを食べたものでなければ、

人生の味は分からない。

(8)

生きていくのに

一番大切なのは、

頭の良し悪しではなく、

心の良し悪しだ。

(9)

他人の幸福をうらやんではいけない。

なぜならあなたは、

彼の密かな悲しみを知らないのだから。

スポンサーリンク

(10)

楽しまなけりゃ馬鹿らしい。

しかし、

楽しむというのも、なかなか大変だよ。

(11)

国王であれ、農民であれ、

家庭に平和を見いだせる者が、

もっとも幸せである。

(12)

苦しい時でも、

とにかく笑っていろ。

笑える余裕、

ゆとりがないと判断を間違える。

(13)

人生は、

他人を負かすなんて

ケチくさい卑小なものじゃない。

(14)

人生はロマン。

自分は不幸だと悩むのではなく、

試練を与えられた物語の主人公だと思えば、

人生をエンジョイできる。

(15)

馬で行くことも、

車で行くことも、二人で行くことも、

三人で行くこともできる。

だが、

最後の一歩は

自分ひとりで歩かなければならない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存