幾多の失敗を重ねたが、しかし恐縮はせぬ。失敗はわが師なり。早稲田大学創設者 大隈重信が残した言葉

スポンサーリンク

(1)

成功があるかもしれませぬけど、

成功よりは失敗が多い。

失敗に落胆しなさるな、

失敗に打ち勝たねばならぬ。

度々失敗するとそれで此大切なる経験を得る。

(2)

個人としては幾多の失敗を重ねたが、

しかし恐縮はせぬ。

失敗はわが師なり。

失敗はわが大いなる進歩の一部なり。

(3)

怒るな。

愚痴をこぼすな。

過去を顧みるな。

望を将来に置け。

人のために善をなせ。

(4)

施して報を願わず、

受けて恩を忘れず。

(5)

人間は希望によって生活している。

希望そのものは人間の命である。

(6)

人の志操は

失意の時に真にして、

人の情好は

失意の時に密なるものである。

(7)

男性だけが活躍する社会は

国力の半分を無駄にしている。

(8)

我が輩は楽観説である。

人生を重んじて、

常に未来に光明を望んで行くのである。

(9)

若い人は高尚な理想を

持たなければならない。

そしてそれを行う

勇気がなければならない。

スポンサーリンク

(10)

顧みて過去の行程を想うとき、

その大部分は、

多くは失敗と蹉跌との歴史である。

(11)

枝葉を切っても木は蘇らない。

根元を掘って自然の力、

太陽光を根にあてて水を注げば、

木は蘇生する。

(12)

人間が生きるのは、

社会の利益のために存在するということだ。

ただ生きているのではつまらない。

(13)

学問は脳、仕事は腕、

身を動かすは足である。

しかし、卑しくも大成を期せんには、

先ずこれらすべてを統ぶる

意志の大いなる力がいる。

これは勇気である。

(14)

道が窮まったかのようで

他に道があるのは世の常である。

時のある限り、

人のある限り、

道が窮まるという理由はないのである。

(15)

何事も楽観的に見よ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存