若者よ、だまされるな!春山満の言葉

スポンサーリンク

(1)

良い縁は、

別の良い縁を訪ねてくれる。

ただな、悪い縁は、

必ず次の悪い縁を連れてくるぞ。

(2)

しかめっ面してたら、

貧乏神がとりつくぞ。

毎日ね、いろんなことがあるよ。

それぞれね、いろんな境遇があるよ。

今日ここにある、生きる喜びがあるだろ。

(3)

自分と他人を比較するな。

あくまでも自分は自分であり、

他人は他人。

(4)

下手でも毎回情熱を込めて

一生懸命やろう。

(5)

僕は運が良いと言われる。

ただな、

運気は降ってくるんじゃないぞ。

運気は掴むものなんだ。

(6)

すべては自分次第。

自分が変われば、

世界は変わる。

(7)

素直に憧れて真似てみて、

やがて真似が身についてきたら、

その後に自分流を足しこもうよ。

これが、考えるってことなんだ。

考える前に真似なさい。

(8)

「後は自分たちで考えろ」

こうやって丸投げする上司、よくいるでしょ?

これ、最低ですよ。

考えられたら、すでにやっているのよ。

考えるヒントと糸口が、

見つからないから動けないのよ。

(9)

行動を伴わない知識なんて、

クソの役にも立たないからね。

スポンサーリンク

(10)

世の中には、

頭のいい子も、器用な子も、

成功する子もいるよ。

不器用な子も、うまくやれない子もいるよ。

そんなことが大事じゃないんだ。

失くしたものを数えないで、

今あるありがたさを知って、

無いものねだりをしないで、

自分の役割を果たしていこうよ。

(11)

慣れるな、

照れるな、

ためらうな。

(12)

人生は

ちょっと寂しいくらいがいいのよ。

(13)

「今日は本当に気持ちいいなあ」

と思う日があるでしょ。

なぜそう思うの?

暑くて寒くて

過酷な日を知ってるからよ。

(14)

人は何のために生きているのよ。

寝て、食べて、

生きて、そして寝て。

こうやって一日一日老いへと向かっていく、

一日一日死へ近づいていく。

過去も未来も、今の連続。

(15)

若者よ、

社会の常識に騙されるな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存