秀れた人間というのは、他の人間が、愚かには見えぬ人間のことだろう。作家 三浦綾子の言葉

スポンサーリンク

(1)

結婚したからといって、

その日から二人は

完全な夫婦になったわけではない。

毎日努力して一生かかって

本当の夫婦になっていく。

(2)

毎日、毎日が新しい。

昨日の繰り返しではない。

(3)

人間は

楽しみや喜びを受ける以上、

苦しみや悲しみも

受けなければならない。

(4)

今までふり返ってみて、

大きな不幸と思われることが、

実は大切な人生の曲がり角であったと、

思われてならない。

(5)

何十億の人に、

かけがえのない存在だと、

言ってもらわなくてもいいのだ。

それはたった一人からでいい。

(6)

苦労したことのない人間は、

人の涙も悲しみも

思いやることもできねえじゃねえか。

(7)

人間はちょっと

油断するとすぐ怠け者になる。

毎日の難でもないことでも、

怠けないようにすることが大事。

(8)

金のあるなしでなく、

情けで人を見分けろ。

(9)

先ずお互いのご両親を

大切にしてあげてください。

お互いの親を大切にするということは、

すなわちお互いの思いやりです。

親を大切にする家庭は必ず栄えます。

それは幸福への秘訣です。

スポンサーリンク

(10)

夫婦っていうのは、

嵐吹くときが大事だ。

嵐吹く時も、

晴れの日と同じように

しっかり心が結ばれていなくてはならない。

(11)

苦難の中でこそ、

人は豊かになれる。

(12)

金の多い少ないは

人間の偉さに関係ない。

目に見えるものが大切。

(13)

九つまで満ち足りていて、

十のうち一つだけしか不満がない時でさえ、

人間はまずその不満を真っ先に口からだし、

文句をいいつづけるものなのだ。

(14)

一言の言葉は五秒とかからぬものだ。

お互い、言うべきときに言える素直さと、

謙遜さを与えられたいものである。

(15)

秀れた人間というのは、

他の人間が、

愚かには見えぬ人間のことだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存