自分が支えていると思っているものに所詮は支えられている。小説家 恩田陸の言葉

スポンサーリンク

(1)

人生における偶然は、必然である。

(2)

自分が支えていると

思っているものに

所詮は支えられている。

(3)

当たり前のことだけど、

健康は大事だね、本当に。

身体壊しちゃ何もならないよ。

でも、実際のところ、

口では言ってるけど、

みんなあまりそのこと実感してないんだよね。

(4)

平凡な人間にとって、

自由は結構つらい。

(5)

異性の好みってそうは変わらないでしょ。

本人は懲りたと思ってても、

次も大体似たようなタイプに

引っ掛かるじゃないですか。

(6)

好きになるのに理由はいらないけど、

別れるためには理由が必要でしょ。

でないと、終わらせられないじゃない。

(7)

人はつきあい始めた頃は

似ているところばかりを見つけて数え上げるが、

別れの気配を感じると、

相手と自分の違うところを探し始めるのだ。

(8)

なんにでも使えるはずなのに、

いつもなんにも使うことができない日曜日。

その日が来るのを楽しみにしているのに、

来るとすぐに終わるときのことを考えてしまう。

(9)

男と女って別の生き物じゃない?

だからそろそろ男と同じ仕事ができれば

平等だっていう考え方は

やめた方がいいんじゃないかと思うのよね。

精神的にも、能力的にも、

向いてるベクトルの方向が

異なるんだから、ナンセンス。

スポンサーリンク

(10)

子供の頃から友達が男の子ばかり

という活発な女の子。

そういう子は、

女の子はつまらないしうじうじしている、

男のほうがさっぱりしていてつきあいやすい、

というようなことを言うんですよね。

でも、実際はそういう女の子のほうが、

心根ではずっと

他の子よりも女の子っぽかったりする。

(11)

不思議なもんでさ、

人間、自分は親に嫌なところばっかり

似たって思うんだよね。

親から貰ったいいものは勘定に入れてない。

いいものは持ってて当たり前だって思ってるし、

自分が元から持ってるものだって思ってる。

(12)

近くにいなければ、忘れられる。

忘れられれば、存在しないのと同じだ。

(13)

たくさんの人間が噂をすればさ、

それは大勢で繰り返し呪文を唱えるようなものだろ?

それはだんだん「真実」に、

「本当」になっていくのさ。

それって凄く怖いことだよね。

(14)

簡単なことを

難しく言う奴は幾らでもいるけど、

難しいことを分かりやすく

説明できる人って少ないもんだよ。

(15)

今自分たちが直面している世界が

夢のような気がするのだ。

まさか自分が

こんな目に遭うはずがないと思っている。

自分だけは死ぬはずがないと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存