100人の人を楽しませるよりも一人の人を救う。そういう音楽を僕は作りたい。KinKi Kids 堂本剛の言葉

スポンサーリンク

(1)

人の弱さが

人を優しくさせ、愛を生む。

苦しみの中で出す答えは、

生きて行く上で大きな支えになる。

(2)

つらいと思っているうちはまだ頑張れる。

本当につらい時は、

そう思う事すらできないから。

(3)

誰かに甘える事を

腹立たしいと感じる自分がいる。

でも、弱音を吐く姿も、

涙する姿も自分なのだから、

その時その時の

自分を愛してあげよう。

(4)

求められたら

応えるべきとは思うけど、

そこで自分がなくなってしまったら

意味がない。

(5)

人生は一度きりしかない。

今は”今”しかない。

自分が先ず

楽しまなくてどうする!

(6)

大切な人に「ありがとう」って

素直に伝えてください。

時には手を取って。

(7)

『ごめんね』っていう

言葉を使う回数よりも、

『ありがとう』っていう言葉の

回数を増やしながら伝えていく。

(8)

人間だって、

壊れることがあるんだ。

機械が壊れるのと同じように、

人間だってたまにガタが来る。

(9)

頷けない世界もあったり、

嫌やなと思う世界もあるけど、

その人たちにも家族がいたり

仲間がいたりするやんか。

好きな人がいたりもするやんか。

そう言う事を考えてると

攻めるっていう選択肢は無いねんな。

スポンサーリンク

(10)

自分の傷が痛むときほど

人にやさしくしてあげてください。

愛情・優しさは絶対に

自分に返ってくるもの。

(11)

人間は、追い詰められると、

自分は独りだと勘違いする癖がある。

多くの人達に支えられている僕でさえ、

そんな風に思ってしまう時期があった。

(12)

生きてるって素晴らしい。

生きてるんだから、

たくさん悩んで、泣いて、

元気になれたら、たくさん笑って、

自分が理想とする自分に逢いに行こうよ。

そうなれた時。

傷付けてしまったり、

助けて貰ったりした人にお返しをすれば良い。

(13)

決められた囲いの中で

生きている限り、

その囲いを越えて

成長する事は出来ない。

(14)

もがきながら沈んで行くような

気持ちになった夜が幾晩もあった。

でも、ある日、突然、

新しい考えが背中を押した。

自分勝手に生きてみたら?

とにかく、

自分が楽しいと思える事をやってみたら?

僕は思った。うん、そうだな。

(15)

100人の人を楽しませるよりも

一人の人を救う。

そういう音楽を僕は作りたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存