信用を得るには、信用することだ。自分が相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫のいい話だ。渋沢栄一が残した言葉

スポンサーリンク

(1)

信用はそれが大きければ大きいほど、

大いなる資本を活用することができる。

世に立ち、大いに活動せんとする人は、

資本を造るよりも、

まず信用の厚い人たるべく

心掛けなくてはならない。

(2)

事業には信用が第一である。

世間の信用を得るには、

世間を信用することだ。

個人も同じである。

自分が相手を疑いながら、

自分を信用せよとは虫のいい話だ。

(3)

金儲けを品の悪いことのように考えるのは、

根本的に間違っている。

しかし儲けることに熱中しすぎると、

品が悪くなるのもたしかである。

金儲けにも品位を忘れぬようにしたい。

(4)

人を選ぶとき、

家族を大切にしている人は間違いない。

仁者(じんしゃ)に敵なし。

【仁者】情け深い人。仁徳を備えた人。

(5)

限りある資産を頼りにするよりも、

限りない資本を活用する心掛けが肝要である。

限りない資本を活用する資格とは何であるか。

それは信用である。

(6)

長所を発揮するように努力すれば、

短所は自然に消滅する。

(7)

ただそれを知っただけでは上手くいかない。

好きになればその道に向かって進む。

もしそれを心から楽しむことが出来れば、

いかなる困難にもくじけることなく

進むことができるのだ。

(8)

真似をするときには、

その形ではなく、

その心を真似するのがよい。

(9)

どんなに勉強し、

勤勉であっても、

上手くいかないこともある。

これは機がまだ熟していないからであるから、

ますます自らを鼓舞して

耐えなければならない。

スポンサーリンク

(10)

富者をうらやんでこれを嫉視するのは、

自分の努力の足りぬ

薄志弱行の輩のやることだ。

幸福は自らの力で進んで

これを勝ち取るのみだ。

(11)

得意時代だからとて気を緩さず、

失意の時だからとて落胆せず、

常操をもって道理を踏み通すように

心がけて出ることが肝要である。

(12)

反対者には反対者の論理がある。

それを聞かないうちに、

いきなりけしからん奴だと

怒ってもはじまらない。

問題の本質的な解決には結びつかない。

(13)

不言実行と共に、

また有言実行も大いによろしい。

(14)

死ぬときに残す教訓が大事なのではなく、

生きている時の行動が大事なのだ。

(15)

男はいかに丸くとも、

角を持たねばならぬ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存