信頼を得るにはどうすればいいのか。「誠実さ」と「言行一致」。この2つに尽きます。伊藤忠商事会長 丹羽宇一郎の言葉

スポンサーリンク

(1)

たとえ最善の判断をしても

結果的に負けてしまうことがあります。

そこからどう立ち直るのかということも、

長い人生では大事なこと。

(2)

若いうちに苦労をすると、

精神的に強くなるだけでなく、

人間性も磨かれます。

逆境や苦労を経験すると、

人の痛みがわかるようにもなります。

そして、人に優しく、

温かい視線を持つようにもなります。

(3)

人は一生勉強。

謙虚に常に心を鍛えることで

己を磨いていくことが大事。

(4)

時に失敗することがあっても、

その経験がまた財産になる。

(5)

悲観的に考えて、楽観的に行動しろ。

最悪を考えて準備したら、

あとはうまくいくと思って

明るくいったほうがいい。

(6)

信頼を得るにはどうすればいいのか。

私の考えを言えば、

その基本は、

「誠実さ」と「言行一致」。

この2つに尽きます。

(7)

逆境に強い人がいるわけではなくて、

逆境が人を強くするんです。

(8)

一流と二流を分けるものは、

継続した努力以外にはありません。

(9)

とにかく時間を費やしているのは

努力するふりをしているだけです。

正しく努力するコツは、

「何のために」という

目的を常に意識することだと思います。

スポンサーリンク

(10)

常に弱い人の

味方でなければいけません。

強い人は

放っておいても生きていけますから、

弱い人にも平等に機会を与えていく。

そういう温かい血を養って、

初めて人の上に立てるんです。

(11)

最後は心の強さと平常心。

頂点を目指すような戦いにおいて

技術はさほど変わらない、

心の持ち方によって勝敗が決する。

(12)

人は集団になるとたやすく狂う。

判断力を失う。

そして、深い禍根を残す。

(13)

どんな立派な人でも、

魔が差すということがある。

時に動物の心が顔を出して、

立派な人でも

愚かな行動をしてしまうことがある。

そうならないためには正直に生きるしかない。

(14)

本当に大切なのは、

いつか訪れる死の瞬間、

自分は人の役に立つ仕事ができたと

思い返せる偽りのない生き方です。

(15)

自分の利益よりも、

まず周りの幸福を考える。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存