運命の人

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人ってね

運命の人を見ていると

心臓の鼓動が凄く分かる
んだって。

運命の人と目があうと

あっ!って思うんだって。

運命の人と付き合うと

違和感なんか全然ないんだって。

運命の人と別れると

忘れようと思っても忘れられないんだって。

運命の人を思うと

涙が出てくるんだって。

運命の人って確信したら

相手も確信してるんだって。

今、そういえばって思って

ある人の顔を思い浮かべた人は

その人が運命の人だよ。

大切にしてね。

何十億という人の中から

その人を見つけることが出来たんだよ。

あなたの人生

1秒に1人ずつ会ったって

この世界の全員とは会えない。

だから、今。

身近にその人が居るならば

大切にしなきゃ

10931532_728169460629636_5485975709951351950_n

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. E より:

    だいすきなあなたが、運命のひと。

    あなたに一番最初に逢った時、なにか不思議ものを感じていて、恥ずかしくあなたと話しがまともにできなった。周りに気づかれないようにすることに必死で、逃げ回ることでしかできなかった。そしたら、だいすきなあなたが、異動してしまうことを聞き、ショックだった。
    あなたの存在が、とても遠くなるような、感じで、あまり関わることができないまま異動されてしまい、あなたとの思いでが、走馬灯のように思いだされて・・・。

    でも、そんな時、あなたに仕事の相談をしたくて、向かったら、快く迎えてくださり、すごく嬉しかったな。
    あなたが、元気にしているのか、心配だったこともあって、あなたの笑った顔をみて、ホッとしたの。あなたとずっと話をしていたかったな。
    あなたとこのまま、話ができたら・・・と、思いつつ、跡にして・・。

    ふと一人になって思い返してても、あなたのすがたや、声や、笑った顔や、いろんなあなたのすがた。あなたを一番最初に逢ったころからずっと想っていた気持ちが、大きくなっていたことで、あなたの存在の大きさを改めて実感したし、あなたとこのままずっと一緒にいたい、とさえ想っていたの。そんなあなたが、ワタシの運命の人。