彼の本音が分かるLINE術5つ

スポンサーリンク

★★彼の気持ちを知るためのLINE術5つ★★

①切りの良いところでスタンプを送る

・LINEを終えるタイミングって意外と見極めにくいもの。なかには、スタンプをやりとり終了のきっかけにしている人も多いのでは?そこで、彼から「ありがとう」「楽しみにしているね」など切りの良いメッセージがきたら、あえてスタンプのみを返してみましょう。

・通常であれば、そこでやりとりが終わったと認識し、そのまま既読スルー、もしくはスタンプ返しをして会話が終わるはず。しかし、相手が気になる女性だと、もっとやりとりを続けたいと思うため、彼の方から違う話題を振ってきます。切りの良いところでスタンプを送っても返信が来るのは、彼があなたとのLINEを楽しんでいる証なのです。

②お誘いでは用件のみを伝える

・自分から彼をお誘いすることにより、恋愛対象として意識されているかを確認することもできます。もし、彼をデートにお誘いする機会があれば、「飲みに行こう」「映画でも見に行かない?」と用件のみを伝えるようにしてみましょう。特に意識していない女性であれば、男性も「他に誰か来るの?」と複数人で遊びに行く前提で話を進めるかもしれません。

・しかし、それが気になる女性だと「二人きりかどうか」が重要になってきます。「二人きりで?それとも大勢で?」という期待と不安から、一緒に行く相手をはっきりさせたいと思うのです。「一応聞くけど、二人でだよね?」と確かめる素振りを見せるようなら、彼もあなたを多少は意識していると思って間違いないでしょう。

③誘っておきながらも一度断る

・自分からデートのお誘いをして、彼からOKがもらえた場合。そのまま日程の提案は彼にしてもらうように仕向けましょう。そして、「○日はどう?」と彼が提案してきたら、予定が入っていることにして一度断るのです。一見、自己中心的でしかないこの行為。しかし、その後の返信から、気になる彼の本音を知ることができるのです。

・そもそも、自分から誘っておきながら断るという行為は、相手を不快にさせるだけ。普通であれば、「そっちから誘ってきたくせに……」と思われるかもしれません。それでも「じゃあ他の日は?」と根気よく誘ってくれるようであれば、彼がこのチャンスを逃したくないと思っている証拠。そこには、「何が何でもデートに行きたい」という彼の本音が隠されているのです。

④「LINEだと(印象が)違うね」と聞いてみる

・実際に会ったときと、LINEの中での印象が大きく変わる人もいます。特に男性の中には気になる女性に対し、直接はうまく話せないのにLINEだと饒舌になるなんて人も。そこで、彼に「LINEだと(印象が)違うね」と聞いてみましょう。特に意識をしていないのであれば、「そうかな?」「変わらないと思うけど」と軽く流すはず。

・しかし、相手の女性を意識している場合は、彼にも心当たりがあります。丁寧な文章を心がけていたり、好感を持たれるやりとりを意識したりもするでしょう。そのため、相手に気持ちがバレたかと焦り、「えっ、どんな風に?」「何か変なこと言ってた?」と聞いてくるのです。

⑤中身のないやりとりを数回続ける

・実際の会話であれ、LINEのやりとりであれ、中身のない話は男性にとって苦痛。しかし、意識している女性となると話は別。どんなにつまらない内容でも、彼女と話せるという事実が嬉しいのです。気になる彼とのLINEでは、内容のない会話を数回続けるようにしてみましょう。

・「今TVを見ている」「明日は美容院に行くの」など、男性が面倒に感じる話題に対してもやりとりを続けてくれるようであれば、あなたに好意を持っている可能性大。好きな女性とのLINEであれば、その内容など関係ないのです。

★上手にLINEを使って彼の本音を知ろう!

・男性の本音は、予想外のLINEが送られてきたときに表れます。気になる彼の本音を知りたいなら、そんなLINEを意識してはどうでしょうか。とはいえ、駆け引きのしすぎはほどほどに!下心がバレてしまうと、彼が警戒する可能性もありますよ。押しすぎず、引きすぎず。上手にLINEを使い、彼の本音を確かめてみましょう。

出典 TRILL

43

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存