いつも運が良い人にはちゃんと理由があった

スポンサーリンク

~運が良い人と悪い人がいる~

・何でもトントン拍子に進む
幸せな人と、不運続きの人がいる

・同じような条件の人でも、
運のいい悪いで人生は変わる

~運がいい人は、利己的じゃない~

・人を押し倒そうとしない

・他人が話せる場をつくっている

・利己的な考えの人は、
長期的に考えて良い出逢いが来ない

・利己主義者が本性を隠しても、
人はそれを察知できるためバレる

~他人に配慮できている~

・助けを必要としている人が
いたら助けている

・その結果、周りには優しくて
幸せな人たちが集まる

・他人に配慮が出来る人ほど
得するという研究結果もある

~行動が早い~

運が悪い人は、決まって「遅い」

「スピード=運のよさ」である

・運というのは、
行動しない限りどうにもならない

・うまくいかない人は
「自分の遅さが原因」という事に気づかない

・自分のやるべきことに向けて
行動を起こすと、運はその後についてくる

~考え方がポジティブ~

・自分で「運が良い」と言える

・うまくいったことを考える

・運がいい人は良い時のことを覚え、
悪い時のことを忘れる

~新しい挑戦やスキルアップに積極的~

・新しい経験や、普段の習慣が
壊れることに対してオープン

・持っているスキルの種類が多い

~幸運とは普段の行いがもたらす「ご褒美」~

・本人が生まれたときにある程度
決まっている宿命と、
本人が変えられる運命の2つがある

・幸運とは、普段からやるべきことを
しっかりやっている人に贈られる
“ご褒美”のようなもの

・他力本願では人生は上昇しない

・力強く生きていく人は、
運の悪さを跳ね返せる

・どんな逆境であっても人間性や情熱、
努力でひっくり返すことは可能

出典 zawawa23さん

30

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存