国民栄誉賞受賞!伊調馨の名言

スポンサーリンク

(1)

ワインなどを時々飲みますが、
「いい練習ができたから、
自分へのご褒美」というよりは、
「今日もイマイチだったけど、
明日もがんばろう」と
自分を励ますお酒ですかね。

だから、外で食事をするときは、
“楽しく”が基本です

(2)

「ちょっといい感じに
なってきたかな」とつかめると、
もうちょいのところで
また壁にブチ当たって落ちる。

でも、ちょこちょこ上がっていくより、
ドーンと落ちて、また上がっていく
ほうが突き抜けられるような
気がしています

(3)

勝つためなら
負けもありだと思います

(4)

昨年、ウズベキスタンで開催され
た世界選手権の優勝インタビューで
「今回のできは?」と尋ねられたので、
「40点」とお答えしました。

記者さんたちは驚かれていましたが、
自分としては練習してきたことが
半分もできなかったので。

やっぱり、自分に厳しく!

(5)

レスリングが
もっとうまくなりたくて、
もっと知りたくて、
日々葛藤していますが、
やればやるほどわからなくなる。

レスリングって、
本当に奥が深いなと痛感しています

(6)

アテネのときも、スムーズに
オリンピックに出ましたけど、
やはり出られない人も
いるわけじゃないですか。

どんなに努力しても。

その人たちの気持ちは、
私たちはわからないじゃないですか

(7)

オリンピックは夢です。

オリンピックって、
小学生からおじいちゃん、
おばあちゃんまで
みんな知っているじゃないですか。

だから、自分も小さいころから
その夢を持っていたし、
何か一人の夢じゃない
気がするんですよね

(8)

男は、女より
やはりレスリングの技術だとか、
全部、何もかも上じゃないですか。

体力も、技術も。自分が男だったら、
どんなレスリングをするのかなとか。

体力とか技術とか、
今以上にやはりレスリングが
面白くなるのかなとか思うと、
男になってみたいなと思います

(9)

レスリングと離れるのは
やはり難しいですね。

やはり好きなので

(10)

落ちたあと、

なんかひらめいたりしますから。

諦めたら、そこで終わり。

まだまだ追求していかないと

- 伊調馨 -

image202-1fa62

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存