おひとりさま好き彼氏の取り扱い説明書

スポンサーリンク

★会う頻度に気をつける

おひとりさまが好きな彼は、いくら彼女であっても、土足で自分の領域に踏み込んでくることを許しません。

付き合いはじめの頃は、どうしても会う頻度が多くなりがちですが、どんなに二人の波長が合っていたとしても、会いすぎないように気をつけましょう。お互い別々の場所で暮らしている場合、週末一緒に過ごすかわりに普段は連絡をあまりとらない、あるいは、会うのは月に1回だけでも必ず2日間過ごす、など、一人が好きな彼は付き合いの中でメリハリを求めてくることが多いはず。ちょっと間隔が狭まってきているなら、彼に「たまには、1週間くらい会わなくても平気なんじゃない?」と声をかけてあげて。

★★きっと、どこかほっとした表情をみせますよ!

★「一人の時間」をつくってあげる

一人が好きな彼にとっては、一人の時間が減ってくることが最大のストレス。週末もずっと彼女と一緒にいるのではなく、誰もいないところで仕事のことを考えたいと思う人もいるでしょう。そんな彼の心の声を無視して、ベッタリ一緒にいようといると、さすがに嫌がられてしまいます。今まで定期的に会えていたなら、たまには思いっきり間隔を空けて「一人の時間」をプレゼントしてみてはいかがでしょう?月1回をしばらく続けるのも、それはそれで、今までとは違った付き合い方になり、彼に寄りかからず自分でどうにかしようという自活力が身につきます。彼も、一人の時間が多くなることで、あなたとの将来について考えを巡らせるようになるかも…。

★★おひとりさま好きの彼を意のままに操りたいなら、しばらく会わない時間をつくり、とことん一人にさせてあげましょう!

★喧嘩をしたら、しばらく放置

一緒にいれば、喧嘩をするときも、もちろんありますよね。恋愛経験が乏しいと、どうしても喧嘩をした直後は彼を追いかけてしまいますが、一人でじっくりと考えたいタイプの彼は、おそらくすぐには話し合いに応じないでしょう。「しばらく一人で考えたい」と言われても、それは決して別れをほのめかしているわけではありません。単純に一人になりたくて、あなたに伝えている可能性が高いのです。

★★もし、あなたの彼が頻繁に一人行動をとるタイプなら、喧嘩をした後は、しばらく連絡をせず、彼が自ら行動を起こすまで待ってあげて!

★コツさえ掴めば簡単!

彼がおひとりさま好きであることはマイナス要素ではありません。きちんと働いていて、彼女にも優しく接してくれるなら、ますます彼の時間を尊重してあげる必要がありますよね。きっといくつかコツを掴めば、今まで以上に彼と付き合いやすくなります。

★★彼から何か言われる前に「一人でゆっくりしたいんじゃない?」と声をかけてあげられるようになったら、彼女としてレベルアップした証♡

18

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存