【男が惚れる】高倉健の名言【男の魅力】

スポンサーリンク

高倉健

高倉健(本名:小田剛一)
生年月日:1931年2月16日
俳優・歌手。愛称は健さん。
福岡県中間市出身
数々の映画やCMに出演し、男としての様々な言葉を残されました。
1996年タバコのCMでは「大人になりたいと思ったことはない。男になりたいと思っていた」
2001年のポスターでは「まっすぐで、いいんじゃないですか」など
死去:2014年11月10日

「人間にとっていちばん寂しいのは何を見ても、何を食べても、何の感動もしないこと。 感動をしなくなったら人間おしまい。こんな淋しいことはない」

「いい風に吹かれたいですよ。きつい風ばかりに吹かれていると、人に優しくなれないんです。待っていてもいい風は吹いてきません。旅をしないと…。」

「人に裏切られたことなどない。自分が誤解していただけだ」

「何をやったかではなく、何のためにそれをやったかである。今それが大切に思えてきている」

『拍手されるより拍手する方が、ずっと心が豊かになる。』

「俳優になろうと思ったのはお金がほしかったからです。恋をした人がいて、その人と暮らすためにお金が必要でした」

「拍手されるより、拍手する方がずっと心が豊かになる」

「もちろん、学生時代の学問、そしてこの世界に入って演じた役柄とかから学んだことも多いですけど、大きな影響を受けたのはやはり人です。」

「何をやったかではなく、
何のためにそれをやったかである。
今それが大切に思えてきている。」

「企画書を書く時間ももったいない。企画書は、議論のためのたたき台でしかない。「あのデータがほしい」「もっときれいに見せたい」と努力する余裕があるなら、不完全でもいいから外に出すべきだ」

「人生っていうのは、人と人の出会い。
一生の間にどんな人と出会えるかで、
人生は決まるんじゃないですか。」

「いい風に吹かれたいですよ。
きつい風ばかりに吹かれていると、
人に優しくなれないんです。
待っていてもいい風は吹いてきません。
旅をしないと…。」

[人生ってそれ(出会い)だけって気がします。泣いたり、笑ったり、憤ったり、感動したり、すべてが出会いから起きていますよね」

「僕の中に法律があるとしたらおふくろだよね。「恥ずかしいことしなさんなよ、あんた」って、いつもそればっかりですよね。」

【座右の銘】
「往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」

行く道は精進にして

辛いことがあっても、それは精進である。
自分を高めるために必要なことなのだ。

忍びて終わり、悔いなし

それを我慢したまま、たとえそれで終わることがあっても、自分の向上にとってはためになっているのだから悔いはない。

14245_original

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存