【名言集】とんねるず(石橋貴明・木梨憲武)

スポンサーリンク

◆とんねるず

とんねるず (Tunnels) は、石橋貴明と木梨憲武の2人からなる日本のお笑いコンビ、音楽デュオ。所属事務所はアライバル。

◆石橋貴明

石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年10月22日 – )は、日本のお笑いタレント、歌手であり、お笑いコンビ『とんねるず』の大柄な方でリーダー。相方は木梨憲武。芸能事務所・アライバル代表取締役社長兼タレント。 身長182cm、体重74kg。

◆木梨憲武

木梨 憲武(きなし のりたけ、1962年3月9日 – ) は、日本のお笑いタレント、歌手である。お笑いコンビ『とんねるず』の小柄な方。相方は石橋貴明。芸能事務所アライバル代表取締役副社長。 身長177cm、体重60kg。
妻は女優の安田成美で、間に2男1女。自由民主党所属の杉並区議会議員:木梨盛祥は従兄にあたる。

◆石橋貴明の名言・格言

その、「バッカだなー、あいつら!」っていうのがないと、オレは楽しくないの。それがいつも欲しいの

芸がないわけですよ、僕らは単純に。“暴れること=とんねるずの芸”だみたいになって。途中からはテレビ局の人が“セットとか壊しちゃってください”って言うんだもん(笑)

下を向かないで顔を上げて頑張っていれば、すごいことって起きるんです

〝とんねるず〟としてなら、何だって出来るんだけど、一人になると途端にね、石橋貴明に戻っちゃうんですよね

いつも言っているけど、お笑いの資質とかなんとかっていうのは憲武に全然かなわないんだよね。多分、東西含めてナンバー1だと思う。だから、憲武がいなかったら、ここまでに、なってないんだよね

頑張ってるとね、きっとご褒美があるんですよ。ちゃーんとね

世に出てくる人って、やっぱりって思うことはとても多いんです。彼らは「なるほど」ということをちゃんとやってる。考えもつかないような努力をしてる

やってねぇヤツに限って、不平不満を言うんですよ。「こんな仕事、やってられない」。これでは何も手に入らない

松本みたいな天才と同じ時代にいる、俺には人災だ でもとんねるずには、木梨憲武がいる!!

(仕事が)無くなったら無くなった時。それは寿命でしょ

ホント、改めて思うけど、こうやってビデオになって見ると、憲武のパフォーマンスはすごいもんなあ。だから、いつも言ってるけど、お笑いの資質とかなんとかっていうのは憲武に全然かなわないんだよね。多分、東西含めてナンバー1だと思う。だから、憲武がいなかったら、ここまでになってないんだよね

良い気も悪い気も全部含めて人気

◆木梨憲武の名言・格言

ちょうど25ぐらいのときですよ。フジテレビの社長の部屋に石橋貴明が勝手に入っていって、“ゴールデンタイムの番組やらせてください”って言ったのは

ゼロから何かを作るときは、これなんじゃねえかなっていう答えを自分で決定して、それをガチガチに目指していくとパンパンになっちゃう。これじゃなきゃヤダってことは、僕、ひとつもなくてね。…その筋のロープーたちが正解だって言うところに、基本ついていけばまあ間違いがないでしょうと

口の利き方を知らないと確かに人生が台無しになります

(素人時代に参加した番組の)控室で、人形とか7つの商品を(石橋と)順番に取り合った思い出がある

100円でも、100万円でも、ドキドキは同じ!

f7303d64eab120b51a7f37e30e884b9b930623851454073762

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存