何故か心に響く!マツコ・デラックスの名言特集

スポンサーリンク

恋愛について

周りにいる殆どの夫婦、ごく普通の夫婦はいつまでたってもラブラブではありません。一般の夫婦がいつまでたっても夜の営みがお盛んでいるということは統計的に考えても現実的ではないのです。なので、身体の関係を超えた夫婦愛を築いていくことが必要です。

簡単にモテちゃう「いい女の極意」なんて虫のいい話はありません

こればっかり言ってるけど、女は年くってからのほうが性欲が強くなるのよ

結婚が本当のゴールなのかしら?その相手と一緒にいる意味があるのかしら?

ダメ男をつかんだのもアナタなら、手放すのもアナタ次第なのよ!

誰でもいいからそばにいてほしい時と、仕事が順調で満たされてる時じゃ、同じ男でも全然違うじゃん。だから無理して恋愛することないと思うんだよね

「大嫌い」って「大好き」と同じくらいのパワー持ってるよね。関心が高いから悪口もいいたくなるわけ。

男と女が分かり合えるなんて、幻想ですよ。男と女どころか、個体と個体が分かり合うなんて幻想。だからアタシは感情は出すべきと思ってるのよ。

浮気について

だれもが良い夫、良い妻を見つけ社会的にも経済的にも安定しながら生活したいもの。その一方で奔放な生活、特に奔放な性生活も楽しみたいというのは両立しません。それは非常に図々しい話です。
加えて、浮気において男女は不平等です。女性の浮気の方が「非道徳」とされてしまうのが今の日本です。

私の旦那だけは、私の彼氏だけは浮気はしないはず。そう思っている人は少なくないのではないでしょうか。結論から言うと、男の浮気癖は治りません。大多数の男はココロとカラダは別物なのです。
男はたとえ自分の妻や彼女を愛していても、彼女らがいない所では「擬似種付け」をしたいものなのです。そしてそれは悪気がない遊びなのです。そもそも、悪気があったらそれはもう遊びではないのですが。

人生について

あんまり若いうちからしっかりしすぎちゃダメよ。嫌なときは仕事バックれちゃったりとかしていいのよ

でも私ね「ありのままでいい」っていう風潮は良くないと思うのよ

人生は色々あっても大丈夫なのよ

そんなに悲観することないわよ。うまくいかないときもあるわよ。

家族のこと

子育てって面倒くさいことの連続よ。子育てに限らず、生きるってことは、面倒くさいことを次々と乗り越えてゆくことよ。でも、それらから眼をそらし続けてゆけば、親子関係も、お母さん自身も、そしてもちろんお子さんも、現実を直視することのできない人間になってしまうわ。面倒くさいことを回避しては絶対に生きてゆけないの。頑張って、面倒くさいことを。

世の中に突っ込み

「男の世界に合わせられる女の人じゃないと平等にならない」

よくいうカリスマ主婦ってさ、主婦じゃないじゃん。自転車の前と後ろに子供乗っけて大根持ってガーっみたいな、そういう人がカリスマ主婦よ。

ラーメンはあまり好きじゃない。ラーメンにものすごい熱を帯びる人ってのがよく意味がわかんないわ

15分前までに搭乗口に入れっていうのは、あちらさんの都合でしょ?だって手荷物検査とかは全部済んでるわけじゃない。何15分前って。誰が決めたの?全部済んで、15分何してろっていうの?どうせ18時発って言ったって、18時にでないじゃない、あいつら。

1091365_1200

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存