ヒトラーの名言が世の中の真実を語っていて恐ろしい

スポンサーリンク

ヒトラーの言葉が今の世の中の真実を語っていて恐ろしい

「大衆の多くは無知で愚かである」

「女は弱い男を支配するよりも、強い男に支配されたがる」

「熱狂する大衆のみが操縦可能である。」

「政策実現の道具とするため、私は大衆を熱狂させるのだ」

「大衆は小さな嘘より、大きな嘘の犠牲になりやすい」

「人々が思考しないことは、政府にとっては幸いだ。」

「平和は剣によってのみ守られる」

「偉大なうそつきは、偉大な魔術師だ。」

「わたしは間違っているが、世間はもっと間違っている」

秘密保護法
集団的自衛権
3.11後の隠蔽

本当に世相を反映している気がする

「退路を自ら断つとき、人はより容易に、より果敢に戦う」

「弱者に従って行くよりも、強者に引っ張って行ってもらいたい…大衆とはそのように怠惰で無責任な存在である」

「神は臆病な民族を原則として自由にして下さらぬ」

「天才の一瞬の閃きは、凡人の一生に勝る」

「賢い勝利者は、可能な限り、自分の要求を幾度も分割して敗北者に課するだろう」

「本当の卑怯者には、死よりも恐れるものがないのだ」

「世界を革新しようとする運動は瞬間にではなく、未来に奉仕するものである」

「圧制はただ圧制によってのみ、そしてテロはただテロによってのみ破ることができる」

「今日では金が唯一の人生の尺度になったかのようだ。しかし再び人が気高き神に頭を垂れる時が来るだろう」

「自己をあらゆる武器で守ろうとしない制度は、事実上自己を放棄している」

「民族が高潔かどうかの決定を人間が下すことは難しい。それは神に任せられるべきだ」

「私は『説得』よって、全てを作り出した」

「政策とは今作られつつある歴史のことだ」

maxresdefault

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存