【風の谷のナウシカ】 ナウシカの名言まとめ

スポンサーリンク

「否!いのちは闇の中のまたたく光だ!」

「いてあげるね‥‥‥‥
ズーッといっしょにいてあげる」

「誰が世界をこんな風に
してしまったのでしょう…」

「ガンシップは風を切り裂くけど
メーヴェは風にのるのだもの……」

「撃てないよ!!
どんなに苦しくても
お前は生きているんだもの!!
生きようとしているもの!!」

「やめて!もう、殺さないで!!」

「闇は私の中にもあります。
この森が私の内なる森なら
あの砂漠も私のものだとしたら
このもの私の一部です」

「わたしじぶんがこわい・・・っ。
憎しみに駆られて、何をするか分からない。
もうこれ以上、
誰も傷つけたくないのに・・・!!」

「ダメ!出てきちゃダメ!」

「こんなに世界は美しいのに
こんなに世界は輝いているのに」

「神様。風の神様。どうかみんなを守って…」

「さあ みんな 出発しましょう
どんなに苦しくとも
生きねば…」

「ごめんね・・・許してなんて・・
言えないよね・・・」

「風の谷まで持てばいい」

「私たちの身体が
人工で作り変えられていても
私たちの生命は私たちのものだ
生命は生命の力で生きている。
その朝がくるなら
私たちはその朝に向かって生きよ
私たちは血を吐きつつくり返しくり
返しその朝を こえてとぶ鳥だ!!」

「だめ!この子は何も悪くないのぉ!!!」

「オーマ、あなたは私の自慢の息子です。
誇り高く汚れのない心の勇敢な戦士です」
「それに・・・とてもやさしい子です・・・」

「王蟲、森にお帰り!
この先はおまえの世界じゃないのよ!
ねぇ、いい子だから!」

「1000年かもっとたって
あなたがもっと広く強くなっていて
私たちが亡びずにもう少しかしこくなって
いたらその時こそあなたの元にやってきます」

「おいで、さぁ。ほら怖くない…
怯えていただけなんだよね?」

「きれいな水と空気のなかでは
ムシゴヤシだってこんなかわいい木にし
かならないの、瘴気も出さないとわかったわ。
汚れているのは土なんです。
このものたちのせいではないのです」

「あなたは何をおびえているの。
まるで迷子のキツネリスのように」

「もどろうね、
自分たちの世界へ
この世界を汚しちゃいけないから」

「風の神さまは生きろと言っているもの、
わたし生きるの好きよ。
光も空も人も蟲もわたし大好きだもの。
私はあきらめない!!」

「その人たちはなぜ気付かなかったのだろう、
清浄と汚濁こそ生命だということを」

「私達はなんて沢山の事を
学ばなければならないのだろう」

「たとえどんなきっかけで生まれようと
生命は同じです」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存