【対処法】別れの予感がする彼の行動パターン【まとめ】

スポンサーリンク

別れの予感がする彼の行動パターン

別れの予感はいきなりやってきて、何がキッカケなのか自分でも分からないことが多いもので『どうしよう!』と、焦ってジタバタすると恋の終わりを早める傾向がありますので、落ち着くことが大切です。

1.メールやLINEが減ったと感じる

今までマメにメールやLINEで連絡をくれていたのに、最近、連絡が減ってしまった、連絡が取れたとしても手短に済まされてしまう、そんなことが続く場合は別れの予感かもしれません。最低限の連絡があるならいいのですが、1日に1度も連絡がないのはおかしいです。どんなに忙しくてもメールのひとつは出来ますし、出来ないなら事前にそう伝えておくのが普通です。

これはあなたが何をしていようと気にならなくなったとも言えます。一緒に住んでいるわけではないのですから、連絡が減るのはちょっと様子を見るべきでしょう。

2. 急に仕事が忙しくなって会いづらくなる

もし今まではそんな二人の中で、きちんと会うための時間をやり繰りできたのに、急に仕事を理由にデートなどをキャンセルする頻度が増えたならば注意が必要です。キャンセルしても別の日にすぐに代替えせずに「また連絡する」と言って徐々に放置状態にされるかも知れません。

3. 一緒にいてテンションが低い

二人で過ごしている時に、何をしても、何を話しても、

彼が今までとは違う雰囲気でテンションが明らかに低いと、不安になりますよね。

理由を言いたくなさそうにしていたら、誰にも言えないような、あなたとは直接関係のない悩みを抱えている場合もありますし、

その悩みがあなたとの関係についてのことである可能性もあります。

4. 浮気の気配

浮気の気配を感じたらもうアウト」

別れの予兆というよりも、これは決定打に近いですね。すぐバレる嘘をつく、目を見て話さない、などの怪しい行動が増えはじめたら要注意。「スキンシップがなくなる」といったご意見もありました。

5.日々の生活の報告が減った

遠距離恋愛の最初の頃はお互いの日々の生活ぶりを報告することが楽しかったりします。今日はどんなことをしたとか、何を食べたとか何気ない毎日を共有することで安心感がもてます。毎日のちょっとしたことを報告しなくなったり、報告しても無関心になってきたら自然消滅の兆候かもしれません。

6. 彼の交流関係が広がって入り込めなくなった

彼の友人との時間が急に増えたり、新しい交流関係がはじまって「彼女をそっちのけ」にする機会が増えたら、それは別れのサイン。
人間関係が広がることが問題なのではなく、「彼女を置いてきぼりにする機会が増えること」が危険なのです。「オマエに関係ないだろ」と、彼女を傷つける言葉を平気で言ったり「予定をまったく教えなくなる」などが、このサインの特徴。

7. 言葉だけで済ませようとする

男性は女性ほど言葉が達者ではありません。また、言葉で説明するよりも身体が先に動いてしまう生き物です。そんな男性が言葉だけであなたを操ろうとするのであれば、別れの予感を疑った方が良いかもしれません。

例えば「今度○○に行こう」と約束したのに、一向に出かける気配がなかったり、「こういうところを直して欲しい」とお願いして彼はOKと言ったのに一向に改める兆しがなかったり…

口では調子の良いことを言って話を合わせているのに、それだけで行動に移さないのは結局、やりたくない、変えたくないと思っています。その裏にはあなたのために努力することが面倒になっているのです。こんな関係は悲しいですよね。

8. 嘘が発覚する

最後の行動パターンとして考えられるのは、会えない理由や、夜が遅い理由などを追求される、嘘をつき始めることになります。例えば、違う女の子とデートして帰宅が遅くなったり、または朝帰りした場合に、彼女も知っている男友達などの名前が頻繁に登場してくるようになるものです。男からすれば必要以上に問題を大きくしてモメたくないというのがズルい本音ですが、やっぱり彼女に対して些細であっても嘘をつくということ自体が、いずれは二人の信頼関係の破綻に繋がっていくものと言えます。

9. 嫉妬しない

彼女に対して気持ちが冷めていたら、
例え他の男性と親しくしていても、彼の心には何の波風も立たないでしょう。
これまでは、彼以外の男性と親しくすると過剰に嫌がっていたのに、
今は全然嫉妬してくれないという場合は、
彼の気持ちが離れてきていると考えてほぼ間違いないでしょう

まとめ: 別れのサインが出ても焦っては嫌われるかも!

デート中の態度や愛情表現が減ってしまうなど、恋人同士の間には「気持ちの変化がわかるサイン」が何かしら発生しています。
そこで「会話が減った」などの「ほんの些細な変化」に敏感に反応して「もう愛されていないかも…」と、一喜一憂してしまうことが事態を悪化させてしまうことがあります。
携帯ロックで浮気を疑って夜通し彼のことを問い詰めた結果、落としたときに他人に情報を見られないようにするためだったら…?
不安を感じる別れのサインを感じとったら、まずはこれ以上、悪い状況を作らず関係を修復するためには「焦らないこと」も大切ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存