器の大きい人は、どんな言葉でも一度は受け入れる

スポンサーリンク

人間は、年を取るにつれて、すでにある知識で考えるようになります。知っていることが多くなるからです。

相手の話を最後まで聞かなくても、話の途中から展開が見えてくるようになる。すると、ろくに人の話を最後まで聞かずに口を挟んだり、先入観で考えてしまったりします。

話を最後まで聞かない人は嫌われます。頑固な人に共通するのは「人の話を最後まで聞かない」ということです。人の話を聞かない政治家によく見られる話し方です。

何を言っても否定から始まり、実りがありません。人の話を聞けなくなったら「頑固」の始まりです。頑固は、人の話を聞かなくなるから、そうなります。

では、いつから人の話を最後まで聞かなくなるのかというと、実は早い時期から始まります。学生時代からです。「でも」という口癖がある人は要注意です。

相手の話に賛成できないとき、普通は「でも」と言って言い返しますね。いくら賛成できないと言っても、いきなり否定から始まるのはよくありません。いきなり否定するから相手は不機嫌になり、会話が弾みません。

人間関係が悪くなるばかりか、相手の話を拒否するから、頭も固くなってしまう。これでは自分の都合のいい情報しか入ってこなくなります。「でも」という口癖があるのなら、気をつけましょう。

では、相手の話に賛成できないときには、どう言えばいいのでしょうか。あなたの器を大きくする魔法の言葉があります。今日から会話をするとき「でも」の前に「そうだね」を追加するようにしてみましょう。

追加するだけでOKです。「そうだね。でも~」となるだけで、堅苦しい会話の雰囲気が柔らかくなります。相手の言葉を最後まで聞き入れてから、会話を始めているからです。

たしかに否定には変わりありませんが、器の大きさを感じる言い方です。会話を最後まで聞き、一度受け入れてから答えている。どんなに否定的な考えも、一度受け入れることです。

受け入れてみると、はじめは否定していた内容も、納得できる意見かもしれません。もしかしたら、あなたが毛嫌いしているだけかもしれません。先入観だけで判断しているのかもしれませんね。

まずは「そうだね」と言って、一度受け入れることです。すると、あなたの頭が柔らかくなるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存