幼い娘の言葉

スポンサーリンク

俺の会社の友人。

4年ほど前に交通事故で奥さんと当時4歳の長男を亡くした。

飲酒運転の車が歩行中の二人をひき殺すというショッキングな内容で、ワイドショーとかでも取り上げられたほど凄惨な事故だった。

後日談を聞くと加害者の家族もかなりつらい日々を送ったようで、今となっては同情はするが、当時は友人の悲しみよりも加害者への怒りが大半だったのを憶えてる。

まだ娘(当時1歳)がいたことがせめてもの救いだったけど、葬儀に出席した会社の女の子なんか、その娘の顔を見るなり泣き崩れてたよ。

その後仕事も辞めようと思ったらしいが、娘のためにと仕事には復帰。しかしその後の育児、仕事などは大変だったと思う。

俺もそうだが会社やご両親、ご近所さんも含めて何かと気に掛けて助けられることは助けてきた。

で去年、そいつが事故後初めて家に招待してくれて、数人で一緒に鍋をつついた。

そしてある和室を見せてくれたんだけど、その部屋だけはまったく片付けてなく、洗濯物とか黄色くなってたたんであるまま。

透明の衣類ケース?みたいのやおもちゃも無造作に置いてあって、奥さんと長男が最後に使っていた部屋ということで当時のまま残してるとの事。

で、気丈なそいつも、今でもその部屋を見るととても直視できない状況で、俺らに説明しながら涙があふれてきてる。

そしたら娘が来て、笑いながら

「お父さんがんばろうね。裕太くんが見てるもんね。」

って言うんだよ。

裕太ってのは長男の名前なんだけど、当時のことなんか娘は知るよしもないわけで、つらい事だけど娘にはちゃんと説明してるんだよね。

二人でお母さんやお兄ちゃんのことを忘れないで、そうやって声を掛け合ってるわけよ。

励まそうと思ってやってきた俺らだけど、逆に力をもらったよ。

酒が入ってたのもあるけど、どんどん涙が出てきて・・・泣いた。

みんなもがんばれよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存