ダンボールとカップル

スポンサーリンク

春一番が吹き荒れた日。

本当に物凄い強風で店の看板が倒れたり、

その日は朝からトラブル続きでずっと落ち着かず、疲れ切っていた。

そんなとき、若いカップルのレジをしたら男のほうが

「駐車場の段ボールが飛び散って迷惑なんですけど。あのままにしておいていいんですか?」

と少し怒りながら言ってきた。こっちも疲れ切ってイライラしていたので

「申し訳ございません今すぐ片付けます」

と適当にその場を収めて嫌々強風の吹き荒れる外へ出て駐車場を見たら見事に段ボールが一面に散らばり舞っていた。

片付けるにもその最中も強風が吹き止むはずもなく気の遠くなるような作業だった。

もうこのまま放っとけばどっかいくだろ。なんて思いながら掻き集めていたら後ろから

「すみません、これ・・・」と、さっきのカップルの彼女の方が私より遥か多くの段ボールを抱えて立っていた。

くるくる綺麗に巻いた髪がボサボサになっていた。

ひらひらの綺麗なワンピースを着ているのに、汚い段ボールを胸いっぱいに抱えていた。

その後ろには彼氏が、段ボールをたくさん抱えて立っていた。

とても自分が恥ずかしくなった。

申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

カップルから段ボールを受け取って深くお辞儀をすることしかできなかった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存