大切な人と幸せになる方法

スポンサーリンク

幸せな結婚を望み
結婚をしてもパートナーとの関係を
素晴らしいものにしていきたいと
願うことはとても自然なことです。

誰もが幸せになりたいのです。

人を愛するということは
とても幸せなことで

人から愛されることも
この上ない幸せなことです。

ただし、
相手に愛されたいと思ったら
あなた自身が自分を愛せているかが
とても大切なのです。

あなたはいかがですか?

自分を好きになること
自分を満たしていること
自分を大切にしていること

このように「自分」を
愛していることが

誰かを好きになり
誰かを愛するときに
とても大事なベースとなります。

これは人との関係性でも
言えることです。

相手とのいい関係を築いていくときに
自分との関係性が良好かどうかが
大きなポイントになります。

恋愛や結婚、
そして人と関わる中で
自分との関係性を良好にし

自分を認め愛することが
なぜそれほどまで大切なのでしょう?

それは

私たちは、自分が自分を
どう思うか以上のものを
周りから得ることは
できないからです。

自分をどう感じているか
自分をどれほど大切にできているか
自分を愛せているかが

それがそのまま相手から
与えてもらっていると
感じるものになり

受け取るものとなるのです。

そこであなたが大切にされるか
愛されるかも決まってくるのです。

ただし

自分を愛するというのは
自分だけに興味がある
ことではありません。

自分さえよければという
間違った自分大好きさんもいますが
それは違います。

自分で自分を尊重するように
相手も同じように尊重できることが
大事なベースになります。

恋愛にも、結婚にも、人間関係にも
あなたがもつエネルギー(波動)が関係し
あなたの心をそのまま映し出します。

自分を愛せず
自分を認められていないと
それを相手に求めてしまいます。

はじめは、純粋に相手を好きで
相手を大切に思う気持ちが
優っていたのに

自分の満せない部分を
相手に埋めてもらおうと
無意識に求めてしまい

それが叶わないと
相手への不満や不安となり
自分から相手との関係性を
悪くしてしまいます。

自分を愛せるもの同士が
最高のパートナーになります。

自分の幸せは自分で責任をもち

自分で自分をちゃんと
幸せにできるもの同士。

二人になれば、もっと幸せになります。

ここでは相手に見返りを求めず
与え合えることができる関係。

そこには信頼がベースの
自立した愛があるのです。

一方で自分を愛せないと
自分を満たせないもの同士が
パートナーになることが多いのです。

知らず知らずのうちに
相手に求めてしまうばかり

自分の幸せは相手次第。

相手がいないと不安になり
求め合うばかりで
そこはいっこうに
満たされない関係です。

相手を大切に思うより
自分にもっとこうしてほしいと
自分の欲求を相手が
満たしてくれることを
愛だと勘違いしてしまいます。

これではとても苦しくなります。

あなたはどちらのタイプですか?

あなたの醸し出すエネルギーが
すべてを決定づけていきます。

恋愛でも
あなたが自分を
どう扱っているかが
とても大事なのです。

何か恋愛がうまくいかない
何か人との関係性がうまくいかない
そんな悩みを感じていたら

あなた自身が
自分をどう感じているのか

自分のことを
どう扱ってあげているのか

そこを今一度
感じてみてください。

あなた自身が自分を
大切にできていないとき
人間関係にも現れてくるのです。

そこは相手を変えよう思ったり
外側に働きかける前に
自分への働きかけを
変えていってあげましょう。

あなた自身を
そのまま認めてあげましょう。

そのままのあなたを
愛してあげましょう。

どんなあなたも
あなたはこの世界でかけがえのない
素晴らしいあなたです。

あなたを幸せにできるのは
あなただけ。

あなたは幸せになるために
生まれてきました。

自分を愛せる人は
人を愛する力も強く
周りからの愛も沢山受け取れます。

あなたが自分への愛を
大切にしてくれますように。

あなた自身が心から自分を
愛してくれますように。

心から願っています☆

出典:ヴィーナス・クリエイト

「相手に愛を求める前に、自分を愛する」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存