心豊かに!思いやりの名言

スポンサーリンク

(1)

自分のことよりちょっと他人のことを考えるこんな事ができる人を心豊かな人という

(2)

その人のことを思って言った、きつい言葉はきっと反感を買う。でもきっと、本当にその人のことを思って言ったなら、その思いはいつか届く

(3)

あなたを叱責するその人があなたを誰よりもよく見て誰よりもあなたを想ってくれてます

(4)

時間を守り嘘さえ付かなければ笑顔になれる。笑顔を見たければ時間を守り嘘をつかない

(5)

人を思う行動は、すぐに結果が出なくても回りまわって貴方を幸せにしてくれるのです

(6)

心はバッテリー。空で放置すると使用不能、満たされたままでは盲目となる。消費と充電を繰り返し人は輝き続ける

(7)

お前の事は今でも仲間だと思ってるんだ。いいから、俺の敵に回るような真似はするな。ついでに一つ言うなら……とっととギャングから足を洗え

(8)

違うよ。君を笑いに来たんじゃない。君を笑わせに来たんだ

(9)

ボランティアが悪いとは言わんが、自身の余裕に見合ったものでなければ双方にとって不幸な結果となる。それを覚えておくのなら今回は私も協力しよう

(10)

言葉の中の思いやりは自信を創ります。思考の中の思いやりは深遠さを創ります。与えることの中の思いやりは愛を創ります

(11)

人を思いやる気持ちのない知性は、すごく危険な武器なのよ

(12)

人間って不思議なもので、人との関係が煩わしくてストレスを感じるのに、人との関係の中でストレスを解消する。家庭でも社会でも、自分の存在って相手あってのもの

(13)

周囲の誰をも信頼できないということは、結局、誰からも信頼されないということだと思うのです

(14)

他人によって傷つけられるものは自分のエゴイズムだけである

(15)

なーんにも考えていないような顔をしていて、いろんなこと考えている人がいる。なーんにも考えていないような顔をしていて、なーんにも考えていない人もいる

(16)

人間は、どんな小さなことから運が開け、どんな短い出会いから、新しい道が見つかるかわかりません。そして、だれの一生にも、さまざまな偶然や出会いが重なり合う「時」があるのだと思います

(17)

人間は、どんな小さなことから運が開け、どんな短い出会いから、新しい道が見つかるかわかりません。そして、だれの一生にも、さまざまな偶然や出会いが重なり合う「時」があるのだと思います

(18)

思いやりのある言葉は、たとえ簡単な言葉であっても、ずっとずっと心にこだまする

(19)

人を信じられなくなったら、自分は信じられる人間かどうか反省してみましょう。そして人からも自分からも信じられる人間になればよいのです

(20)

ふだん人を泣かせてばかりいる人は、死んだ時には笑われ喜ばれるのです。ふだん人を喜ばせ笑わせている人は、死んだ時には泣かれ悲しまれるのです

(21)

生きている間には、関係によって、照れくさくて言えないことがあります。亡くなって、初めて分かる人間同士の愛があるのです。せつないものです

(22)

花は優しい。見る人を慰めて何も見返りを求めない

(23)

経を何万篇唱えても 心がこもっていなければ鼻歌と同じ 大切なのは感謝の気持ち

(24)

色気とは仕草や形ではなく、精神的に相手を包んであげる上品な優しさのこと

(25)

恋とは自分本位なもの、愛とは相手本位なもの

(26)

運が良くなりたければ、微笑んでいれば良い。人に優しくすれば良い。思いやりと優しさで、運は開ける

(27)

愛する人に「愛してるよ」と言える幸せ… 感謝の心を持てば生きるエネルギーが湧いてくる

(28)

「何かしてあげる」と自分勝手な愛情を押し付けるのは自分がかわいいだけ。本当の愛は見返りを求めない無償の愛

(29)

別れるときは、相手が逃げ出すような女になる。大好きだった相手へのそれが最後の思いやりです

(30)

幸福は電灯のようにスイッチを入れさえすればよいというものではありません。幸福は心の状態であり、自分自身の内部からもたらされるものです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存