喜びを2倍にし、悲しみを半分に!絆を感じる名言

スポンサーリンク

(1)

一度、人に騙されたら”その人”を呪いなさい。もし、同じ人に二度騙されたら”自分”を呪いなさい

(2)

友人の果たすべき役割は、間違っている時にも味方すること。正しい時には誰だって味方になってくれる

(3)

貧乏が戸口から”こっそり”家の中へ忍び込んでくると、偽りの友情は”あわてて”窓から逃げ出す

(4)

病んでいる人が病んでいる人のために祈るときは、祈りの力は倍になる

(5)

私が信長様に罰せられると今までの友人が三つに分かれた。一つは、いい気味だと笑いに来るもの。一つは、私が逆恨みして謀反を起こさないか疑りに来るもの。そしてもう一つが、私のことを本当に心配してくれるもの

(6)

本当に人を愛するということは、その人が一人でいても生きていけるようにしてあげることです

(7)

親切とは、耳の聞こえない人が聞こえ、目の見えない人が見える「ことば」です

(8)

あいまいな友であるよりも、はっきりとした敵であれ

(9)

入院後、しばらくすると誰も来なくなる。そんな時、本当の友達が現われる

(10)

いさめてくれる部下は、一番槍をする勇士より価値がある

(11)

もし、あなたが過去の何かに関して、誰かを非難したり恨んだりすると、逆に、今のあなたを傷つけてしまうだけなのです

(12)

神の前で泣き、人の前で笑え

(13)

あなたが”この世”に生まれた時、あなたは泣き、周りの人々は喜んだ。あなたが”この世”を去る時は、周りの人々は泣き、あなた自身は微笑むように

(14)

秀れた人間というのは、他の人間が愚かには見えぬ人間のことだろう

(15)

友情は喜びを2倍にし、悲しみを半分にする

(16)

人を愛することが出来なければ、人にお世辞を言うことを覚えなさい

(17)

負ける人のおかげで勝てるんだよなあ

(18)

よその若者をほめることは、うちの若者をけなすことだ

(19)

二人が喧嘩した時、妥協する者は人格を高める

(20)

友情はぶどう酒である。新しいうちは口あたりが悪いが、年月を経て熟成されると、老いたものを元気づけ若返らせる

(21)

「目には目を」という古い法を守っていたら、世の中の人々は”みんな”目が見えなくなってしまう

(22)

人生において万巻の書をよむより、優れた人物に一人でも多く会う方が、どれだけ勉強になることであろうか

(23)

一切の事を忘れて陶酔するのが愛人同士であるが、一切の事を知って喜ぶのが友人同士である

(24)

山は山を必要としない。しかし、人は人を必要とする

(25)

人は軽蔑されたと感じた時、最もよく怒る。だから、自信のある者はあまり怒らない

(26)

自分を励ます最上の方法。それは、誰かを励まそうとすること

(27)

楽しいことを一緒にやった仲間は、本当の仲間じゃない。苦しいことを一緒にわけあった仲間が、本当の仲間だ

(28)

男女平等とは、同じラインになるのではなく、等しく価値のある二本のラインになることです

(29)

いつも不平・不満を口にしている人のところには、似たような人間が寄ってきます

(30)

私の人生には何の保証もない。だから、他の人間の過ちから学ばなくてはいけない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存