両津勘吉の生みの親!秋本治の名言

スポンサーリンク

(1)

以前、嘘の最終回を描いたことがあったんですが、そのときは本当に読者に泣かれて。200冊描けば(1日1冊で)200日楽しめますし、読者も納得してくれるかなと思って、今日のおめでたい日に作者の声で『こういう理由で』と話そうということになりました

(2)

最近では作品が完結しそうになるとネットでバーっと流れちゃいますよね。幸い『こち亀』は1話読み切りで、いつ終わるかはわからないので、よかったなというところはあります

(3)

連載終了を意識し始めたころには『終わるかな』『どうするかな』と思いながら描いていました

(4)

200冊も単行本を出させてくれた集英社と週刊少年ジャンプ編集部には、作家としていくら頭を下げても足りないくらいで、勲章のようなものです。両さんはお祭りごととかお祝いが大好きなので、40周年でみんなに祝っていただいているときにスッと消える感じが、作者というより両さんの引き際としていいと思って決めました

(5)

少年誌で作品が40年続くっていうのはありえないんですね。青年誌だと(読者が)大人の方なので、読み続けてくれる方がいらっしゃるんですけど、少年誌は読んでくれる方がどんどん変わるので

(6)

最初のころは、僕が自分の興味のままに描いていたんですけどね。ある時を境に反転したんです。ちょうどパソコンが出始めたころかな、“両さんだったらどうするかな。絶対興味持つだろうな”って。僕はそんなに詳しくなかったのに、それで調べ始めてハマリました。そんなふうに“主人公が気にするから僕が調べてあげる”という、助手みたいな感覚になってきて…

(7)

両さんは、ある意味全部“自分のこと”なので、描きやすくて。僕はずっとそれが普通だと思って描いていた。でも違うんですね。僕の“普通”をみんなは面白がった。“なるほど、これは普通じゃないのか”と、『こち亀』が自分にとってどういう存在なのかを読者から教わったんです

(8)

僕には、セルフカバーをするアーティストの気持ちがよくわかる。みんな昔と違うって文句言うけど、今だからこそ、こう歌うっていう形があるのは当然のことですよ

(9)

“ああ、こういう描き方してたんだ~”って。1作1作“地層”みたいになっているのを紐解くと、その当時の自分の考え方がわかる。両さんが自分史になってるんですね。それで、“今ならもっと違う描き方ができるぞ”って。モノの考え方も違うし、ネットもあって昔よりディテールなんかも細かく調べられるし

(10)

お昼まで寝たり締め切り守らなかったり…マンガ家になりたくてもなれない人がいっぱいいるのに、せっかくなっておいてなぜそんな風になるのか

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存