シケた顔してるからダメなんだよ。テリー伊藤の名言

スポンサーリンク

(1)

40代の頃から「テリー伊藤」を名乗るようになった。テレビディレクターという裏方の仕事をしていた私が、コメンテーターとして表舞台に出たり、本や新聞に原稿を書いたりする仕事が舞い込むようになった頃。「どうせなら、ここでもう一発、パワーアップしていきたいな」そう思ったときに、昨日までの伊藤輝夫でいるよりも、リングネームみたいに別の名前をつけたほうが、思い切って暴れられるような気がした

(2)

確かに部下が大きなミスをしたり、だらしなかったりすることはいくらでもある。しかし、私はそういうとき、怒るよりも先に「俺は彼の良さを引き出しているだろうか」と自問自答してみる。怒るよりも、彼が次にいい仕事をするために私が考えるべきことはいくらでもある

(3)

「天才ディレクターのテリー伊藤」と自分で言いふらしていたら、ある日から世の中の人たちが「天才ディレクターのテリー伊藤」と言い始め、「テリー伊藤って天才ディレクターなんだ」というふうに定着していった

(4)

普段の自分のままでは、なかなか勇気を持って踏み出せない。でも、「何かになったつもり」になれば、思い切ったことができるかもしれない

(5)

監督が叱るか叱らないかが大事なのではなく、その選手が逆転ホームランを打ってくれたり完封してくれたりすれば、その監督は結果的に名監督になる。選手が緊張しようが伸び伸びしようがどっちでもいい。要は、ちゃんと戦力になってくれればいい

(6)

中間管理職的な立場にある人の共通の悩みの一つは「叱り方がわからない」ということのようだが、そもそも「なぜ叱らなくちゃいけないのか」と問い直してみて欲しい

(7)

危なければ危ないほど面白いし、おっかなければおっかないほど観たくなる。ヘンテコリンなほど面白い

(8)

芸能人に限らず、人は皆褒めて欲しいの

(9)

「人間、50年」と言われた時代なら「40代か。もう歳だな」という感覚だったかもしれないが、80歳でもバリバリの現役の先輩たちがたくさんいる時代、40代はまだまだ「青年」

(10)

「その年齢になったらもう下降線」という話は生涯あり得ない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存