言葉にしないと、伝わらないことがある。すれ違いの名言

スポンサーリンク

(1)

人は誤解を恐れる。だが本当に生きようとする者は、当然誤解される。誤解される分量に応じて、その人は強く豊かなのだ。誤解の満艦飾となって、誇らかに華やぐべきだ

(2)

(相手に喋らせる為には)あまり訊いちゃ駄目なんです。訊くと人は喋らない。まず自分のことか関連することを話す。そうすると「いやいや違いますよ」って感じで話してくれます

(3)

初対面の人と上手く話す秘訣なんて無いんです。心構えとしては、初対面と思わない事じゃないですかねえ。この人はよく知っているんだ、仲良しだと思う事です

(4)

人間というのは、どうしてこんなに勘違いをするのだろう。何故、間違った捉え方をするのだろう。何故か、誤解が多い。誤解をするのは、理解力が足りないからではない。理解しようとしていない、自身の願望によって妨げられている、ということがよくわかる。ようするに、自分が解釈したいように認識してしまうから、見誤り、間違え、そして馬鹿な考えへと行き着いてしまうのだ

(5)

余は今まで…いわゆる悟りということを誤解していた。悟りということは、いかなる場合にも、平気で死ぬることかと思っていたのは間違いで、悟りということは、いかなる場合にも、平気で生きていることであった

(6)

誤解だなんて…。男らしくないわね。あたしは誤解で離婚するほど甘くは生きてこなかった

(7)

イヴがアダムにリンゴをあげて以来、男女間では贈り物をめぐって誤解が続いている

(8)

誤解は避けて通れません。他人から誤解されたら、相手との調和を願いつつ、想像上の対話を試みなさい。やがて誤解は解かれるはずです

(9)

この現実世界についての大きな誤解。そのひとつが、この社会、この地上に棲むすべての人間は、多少の違いはあるものの、おおよそ自分と同じ「今」という、現実をみているに違いないという思いこみだ。だが、それは大きな勘違いだ。この現実では、一人ひとりが見ている世界には、無限のバリエーションがある。もっと言えば、一人ひとりがみている世界はかなり違う、というか、まったく違う

(10)

人は大人になると、”私は色んなことがわかっている”と誤解をします。するとその時点で、「考える」という行為そのものが、スタートしなくなってしまうのです。情報収集も調査活動もしない。だから論理的思考の基礎にも立てない。まあ、きっとこういうことだから…と、中途半端な理解で思考放棄したまま、日常生活を送ってしまう…。「考える力」が鍛えられないのは、そうした”考えない習慣”を、多くの人が作ってしまうからに他なりません

(11)

よく誤解されていることに体格の優劣がある。でも、そんなサイズの違いで、成功や失敗が決まるわけではない

(12)

統率者の命令は、明確で正確でなければならない。命令はすべて誤解されやすく、曖昧な命令は理解されない

(13)

なぜ誤解が生じたのかと相手の立場になって考え、さらには相手から自分たちの姿がどう見えているかを想像する。そのうえで解決策をパートナーとともに考えていく。そうやって課題を乗り越えることは、新たな信頼関係を築くことにもなるでしょう

(14)

多くの人は、くつろいで楽しいことに囲まれながら、名声を手に入れられるかもしれないという、都合のいい誤解をしている。眠っていては、何も手に入れられないのだ。目覚め、観察し、こつこつと努力をして初めて、進歩し、名声を得られるのである

(15)

誤解、おおいに結構じゃないか。日本人は外国人に「ワンダフル」と言われそうなものばかりつくりたがる。僕はそれを、ぶち壊そうとしているんだ

(16)

言葉にはしなくていい。言葉は不完全だから。言葉にすれば誤解を生む。勘違いの元となる。そうだろ

(17)

部下にとって優しい上司は好かれ、厳しい上司は嫌われると思い込んでいる管理職は多いですが、これは大きな誤解です。ただひたすら優しいだけの上司は、部下に信頼されません。優秀な部下ほど、厳しく自分を鍛え上げてくれる上司を待望しています

(18)

感情で表情が変わる人より、表情で感情を変える人が賢者

(19)

あらゆる種類の誤解に対する最も強力な武器は、理性である。私はそれ以外の武器を使ったことがないし、今後も使うつもりはない。そのままでいる方がずっと楽である

(20)

誤解や行き違いを乗り越えてこそ…人の信頼は強くなるのデス…ですカラ…カン違いを恐れてはいけません

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存