低級な芸術家たちは、常に他人の眼鏡をかける。ロダンの名言 part2

スポンサーリンク

(1)

老年は騒音から遠ざかる。沈黙と忘却に仕える

(2)

私は大理石の石塊を選び、必要としないものは何でも切り落とす

(3)

あなたの中に、あなたの知らない芸術家がいる。彼は月夜に物事がどの様に違って見えるか興味がないのだ

(4)

芸術において不道徳は存在しない。芸術はつねに神聖である

(5)

真の芸術家とは、喜びのために仕事をする唯一といってよい人達だ

(6)

芸術家は自然の親友である。草花は茎の優美な曲線と花びらの調和のとれた色合いで芸術と対話をする。どの花にも、自然が芸術家に心から語りかける言葉があるのだ

(7)

かぶりついて仕事せよ

(8)

忍耐もまた行動の一つの形態だ

(9)

美はあらゆるところにある。我々の眼がそれを認めえないだけだ

(10)

秘訣というものはない。ただ正しさの法則があるばかりだ

(11)

天才?そんなものは決してない。ただ勉強である。方法である。不断に計画しているということだ

(12)

彫刻に独創はいらない。生命がいる

(13)

着物を脱ぐ女性の美しさは、雲を貫く太陽のようだ

(14)

真実のほかに美はない

(15)

深く、恐ろしく真実を語る者であれ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存