死への絶望なしに生への愛はありえない。

スポンサーリンク

(1)

多くのものを理解したけれども、何も完成しなかった

(2)

革命を成功させるのは希望であり、絶望ではない

(3)

何事につけても、希望するのは絶望するのもよい、可能なものの限界をはかることは誰にもできないのだから

(4)

賢者たちに過ちがなかったとすれば、愚者たちはまったく絶望するほか無いであろう

(5)

絶望の虚妄なることは、まさに希望と同じだ

(6)

歓びが天国のうららかさであるごとく、絶望は地獄のもやである

(7)

絶望にも才能がいる

(8)

絶望と悲哀と寂寞とに堪え得るる勇者たれ、運命に従う者を勇者という

(9)

幸福人とは、過去の自分の生涯から満足だけを記憶している人々であり、不幸人とは、それの反対を記憶している人々である

(10)

絶望はいくつかのものを破壊するが、予想は多くのものを破壊する

(11)

青年の戸惑いは人類の失望をもたらす。願わくば、老人遺産が絶望にならざることだ

(12)

人の足を止めるのは絶望ではなく「諦め」人の足を進めるのは希望ではなく意思

(13)

私たちは邪悪によって打ちのめされ不安と絶望を感じています

(14)

女にとっての復活は、あらゆる破滅からの救いと更生は、愛のなかにある

(15)

本当に、生きるということは、厳しすぎる。こんなことばかり考えていたら最後には自分の頭に銃弾をぶち込むことになるだろう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存