行き詰まったら、自分で道をつくればいい。自分を磨く言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

異なる世界や専門領域を複数持っていることが自分らしさであり、ユニークな強みになる

(2)

聞いた積り
知ってる積り
出来る積り
やる積り
教えた積り
行く積り

積りがついてる間は出来て無いんだなぁ

(3)

進歩するためには、まず第一歩を踏み出すことである

(4)

多くの人は見たり聞いたりばかりで一番重要な“試したり”をほとんどしない

(5)

人はみんな「運がいいよね、うまくいっちゃって」って言うけれども、冗談じゃないよ。俺はあなたの100倍血のにじむような努力をしてるんだって

(6)

スタンダードを極めた人間にしか、スタンダードを超えることはできない

(7)

「自分を磨く」とは、センスを磨くこと

(8)

もしも、あなたが夢とほど遠い現実を生きているなら、それはチャンス。夢のパワーを自分の中に溜め込み、高めるための準備期間なのです

(9)

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています

(10)

あなたは困難な仕事を自分に課しましたが、諦めずに頑張れば、うまく行くのです。そして、成功への障害を克服することが喜びとなるでしょう

(11)

成功と失敗の一番の違いは途中で諦めるかどうか

(12)

失敗したところでやめてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければそれは成功になる

(13)

結果を決めつけない

(14)

最後の一秒まで走り抜け

(15)

アイデアの良い人は世の中にたくさんいるが、良いと思ったアイデアを実行する勇気のある人は少ない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存