どんなに暗くても、星は輝いている。頑張ろうと思える言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

つねによい目的を見失わずに努力を続ける限り、最後には必ず救われる

(2)

人間にとって最高の幸福は、一年の終わりにおける自己を、その一年の始めにおける自己よりも、遥かに良くなったと感ずることである

(3)

自分がどんなに努力しても、すぐに結果が出るとは限らない。結果にこだわりすぎると安全な道を選び、進歩は止まってしまう

(4)

焦らない。でも、あきらめない

(5)

あなたができると思えばできる。できないと思えばできない。どちらにしてもあなたが思ったことは正しい

(6)

睡眠は三日間で三時間。こんなつらい仕事を四十年続けるなんて、馬鹿じゃないとできないですよ

(7)

ステップ・バイ・ステップ。どんなことでも、何かを達成する場合にとるべき方法はただひとつ、一歩ずつ着実に立ち向かうことだ。これ以外に方法はない

(8)

止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい

(9)

危険を冒して前へ進もうとしない人、未知の世界を旅しようとしない人には、人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ

(10)

どこに行っても逃げて歩いていたなら、自信は失われるばかりです

(11)

道に迷ったら、心の中でささやく声に耳を傾けて。あとは突き進むだけよ

(12)

人から批判されることを恐れてはならない。それは成長の肥やしとなる

(13)

日本人は、失敗ということを恐れすぎるようである。どだい、失敗を恐れて何もしないなんて人間は、最低なのである

(14)

人生に成功する秘訣は、自分が好む仕事をすることではなく、自分のやっている仕事を好きになることである

(15)

成功への道が完結することはありえない。成功とは、到達すべき目的地ではなく、前進し続けるプロセスなのだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存